本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

要望

2019-07-09
 昨日は、午後13時40分から行われた、浜田・益田間高規格道路建設促進期成同盟会、同経済団体期成同盟会、浜田市~津和野間幹線道路整備推進協議会、主要地方道吉賀匹見線改良整備促進期成同盟会及び高津川水系治水砂防期成同盟会の島根県への要望に同行しました。
 これらの要望は、益田市長、浜田市長代理浜田市都市建設部長、津和野町長、吉賀町長、益田商工会議所副会頭並びに浜田商工会議所会頭のの皆さんが出席され、それぞれの関係する要望を知事、県議会議長及び島根県土木部長に対し行いましたが、いずれの事業も益田圏域にとって重要なものであるため、今後も関係の皆さんとしっかりと連携しながら事業の推進並びに必要な予算確保に努力していきたいと思っています。
 今日は、毎年8月の第一土曜日に開催される(今年は8月3日)益田市水郷祭の準備のため、午後1時から行われる「第51回益田市水郷祭委員会」に出席する予定にしていますが、この益田市水郷祭のメインである打ち上げ花火の予算確保が年々厳しくなっているため、その規模を縮小し続けなければならないような状況となっています。
 そのため、昨年末に益田市に対し予算拡大の要望を行いましたが、やはり財政的な理由で増額は中々難しいようです。しかし、私としては、一方で今や益田の夏の風物詩となっている「益田市水郷祭」をこれ以上縮小することは好ましくないと考えていますので、少しでも多くの皆さんのご協力を戴けるよう引き続取り組んでいきたいと思っているところです。

公示

2019-07-03
 昨日は、第486回島根県議会(令和元年6月定例会)の最終日となる本会議が開会され、諸般の報告の後人事案件である知事提出議案が上程され、議案の説明後直ちに表決が行われた結果、全会一致で承認されています。
 その後、常任委員長報告、常任委員長報告に対する討論が行われた後、表決が行われた結果、常任委員長報告の通り全ての議案は可決・承認されています。
 続いて、2件の議員提出議案が上程され、いずれの議案も承認された後、最後に閉会中の継続調査について承認され、今議会の全ての日程が終了しましたが、今日は議長代理として大田市からの要望に出席し、明日は益田市の要望に同行する予定となっているため、益田には明日の夕方にようやく帰る予定となっています。
 ところで、いよいよ明日4日(木)は参議院議員選挙が公示されますが、今回の参議院議員選挙は、4月の県知事選挙の影響があって、自民党島根県連の選対本部が立ち上げられない中での選挙となります。
 しかし、自民党益田支部としては、知事選に入る前に、支部の役員の皆さんと参議院選挙は知事選挙に関わらず一致団結して取り組むことを確認していますので、これから益田支部の皆さんとしっかりと協力しながら勝利を目指すことは勿論ですが、支部として出来るだけ多くの票が獲得できるよう全力で取り組んでいきたいと思っているところです。

道路財源確保を求める都道府県議会議員の会

2019-06-28
 常任委員会の予備日となっている6月26日(水)は、「道路財源確保を求める都道府県議会議員の会」の世話人交代の挨拶のため東京に行ってきました。
 この「道路財源確保を求める都道府県議会議員の会」は発足以来島根県が中心となって活動を行っており、この度代表の先輩議員の引退に伴い私がその代表者を務めさせて戴くことを昨年末に全国の皆さんにご了解を戴いていましたので、26日はあらためてのご挨拶と今後の進め方等について、自民党ITS・道路調査会の役員の先生方並びに国土交通省の皆さんと協議等を行って来ました。
 しかし、当日は通常国会最終日と重なっていたため、一部の先生にお会いできませんでしたが、今後秋口を目指し活動を再開していくことを確認できましたので、これから出来るだけ多くの都道府県議会議員の皆さんに参加して戴けるよう、各都道府県議会に呼びかけを行っていきたいと思っています。
 今日は、朝一番のJR特急で松江に移動し、午前中、特別委員会、午後から、島根県水難救済会の総会及び島根県内水面漁業協同組合連合会の総会に出席すし、明日は午前中行われる漁業協同組合JFしまねの総代会に出席し、午後から益田に帰る予定にしています。

小さな拠点づくり

2019-06-19
 昨日の島根県議会では、午前10時から一般質問最終日となる本会議が開会され、午前中2名、午後から1名の計3名の議員が質問を行いました。
 このうち、小さな拠点づくりに関連して、「県外から移住した若者などが一生懸命で地域づくりに参加しているところもあるが、こうした活動の印象と今後の中山間地域対策への取り組み方について、所見を問う。」という質問に対し、丸山知事は、「雲南市では、早くから幸雲南塾が開設され、地域の医師不足などの課題に取り組み、実際に成果を上げている。また、この活動がIターンにつながり、いずれも地域の課題の中からビジネスを生み出していることから、民間からの取り組みとして、県にとって中山間地域における重要な取り組みと考えているため、県としても参考にしながら今後人材育成などに取り組んでいきたい。」と回答しています。
 この質問において、雲南市おける小さな拠点づくりにつながる事例が紹介されましたが、県内の他の中山間地域においても頑張っている事例があると思いますので、県としてもそれらの様々な事例を参考にしながら、部局横断的に小さな拠点づくりにより一層取り組んで戴きたいと思っているところです。
 今日の島根県議会では、本会議が開会され、一問一答質問が行われる予定となっています。

部局横断

2019-06-18
 昨日の島根県議会では、午前10時から本会議が開会され、午前中2名、午後から1名の計3名の議員が一般質問を行いました。
 このうち、島根創生の実現に関し、「知事が掲げる『島根創生』を実現させるためには、県庁職員の一人一人が知事の思いを共有し、意識改革や部局横断の施策展開等が必要と思うが、所見を問う。」という質問に対し、丸山知事は、「知事就任後職員に島根創生の認識を強く持ってもらうため、人口減少に打ち勝つことを訴えてきた。今後もくり返し認識が共有されるよう取り組んでいくとともに、現状把握は私自身が見聞きし確認を肌感覚で行っている。部局横断の施策については、自ら部局で完結するような提案をすることなく、部局横断的な提案を行うよう求め、部局横断的な施策の実施を行っていきたい。また、各施策の進捗状況を定期的に各部局長から確認するとともに、前例のままでいいのかチェックするよう指示し、特に縦割りの意識の改革を行い、年代・分野別毎に捉えるのではなく切れ目のない対策を行っていくこと等により、職員の意識改革を行っていく。」と回答しています。
 この部局横断的な取り組みについては、中々困難な部分もあるかとは思いますが、知事におかれては、昨日の答弁のような現場主義を忘れることなく、今後部局横断的な施策の展開をしっかりと行って戴きたいと思っているところです。
 今日は、一般質問最終日となる本会議が開会され、3名の議員が質問を行う予定となっています。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

2
8
3
9
8
7
TOPへ戻る