本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

アユ漁

2020-08-03
 地元の清流高津川が、本年6年ぶりに水質日本一に返り咲き、高津川産のアユの付加価値向上や多くの遊漁者の皆さんが訪れること等を期待していましたが、6月1日からのアユ漁解禁当初はまずまずの釣果があったものの、その後の6月15日からの網漁解禁後は、梅雨の雨による増水により釣りのみなならず網漁もほとんど出来ない状況が続き、高津川漁協の販売取扱量は低迷が続いています。
 そのため、多くの注文がさばき切れず、お客さんには大変ご迷惑をお掛けしていますが、先週の7月30日(木)にようやく梅雨明けし、川の状況も回復してきましたので、天候次第ではあるものの、これから期待が出来るのではないかと考えています。
 また、お待ち戴いているお客さんにも何とか盆までにはお届け出来るよう努力していきたいと思っていますが、いずれにしても、このアユの販売取扱量は高津川漁協の損益に直結するものですので、これからの大漁に期待するとともに、組合の皆さんには出来るだけ高津川漁協に出荷して戴きたいと思っているところです。

益田市長選挙

2020-07-27
 7月19日投開票の益田市長選挙の前後はブログの更新を控えていましたが、益田市長選挙から1週間以上過ぎ、そして昨日までの4連休をのんびり過ごしたおかげで、選挙疲れも癒えたため、今日は、久しぶりにブログの更新を行いました。
 さて、この度の益田市長選挙は、新型コロナウイルス感染防止のため市内各地での集会が開催出来いなど、今まで経験したことない選挙戦となりましたが、後援会が危機感を持ちながら選挙戦を戦った結果、多くの市民の皆さんにご指示を賜り、圧勝と言っても過言ではない結果となりました。
 この益田市長選挙の結果については、非常に喜んでいる一方で、私としては、「ほっとしている」と言うのが正直な気持ちですが、山本市長におかれては、これからの4年間を一つの集大成として、益田市政の発展に全力で取り組んで戴きたいと思っているとともに、私も地元益田市の県議会議員としてこれからもしっかりと協力していきたいと思っているところです。
 今日は、午後から、高津川漁業協同組合の理事会、(公財)日本電信電話ユーザー協会益田地区協会定期総会に出席する予定にしています。
 

水質日本一

2020-07-03
 国土交通省は、全国の1級河川109水系(直轄管理区間)の水質調査において、高津川が令和元年度の「水質良好な河川(水質日本一)」の1つに選びました。
 今回の高津川の水質日本一は、過去平成18年、19年、22年、23年、25年の6回選ばれて以来の7回目となりますが、今回の選定は、今まで流域の皆さんのご協力の賜であるとともに、これからも水質日本一が続いていくよう流域の皆さんとともに取り組んでいかなければならないと思っています。
 また、高津川漁業協同組合にとっても、今回の高津川の「水質日本一」の選定は、大変喜ばしいものでもありますので、高津川漁協としても、組合員の皆さんと連携しながら、今後も高津川の環境保全等に取り組んでいきたいと思っています。
 さて、いよいよ益田市長選挙の告示まで今日を入れて9日となって来ました。
 今回の選挙は、新型コロナの関係で、各地での集会等が開催できず、中々盛り上がってないように感じますが、この厳しいコロナ禍における状況を打破し、どのように市政を継続し、そして将来の益田市に向けてつないでいくのかを選択する重要な選挙ですので、何とか3選が果たせるように、告示までの残り期間、後援会活動に全力で取り組んでいきたいと思っているところです。

最終日

2020-06-26
 昨日は、令和2年島根県議会6月定例会の最終日の本会議が開会され、初めに、人事案件の知事提出議案が上程され、提案理由の説明の後、直ちに表決が行われ、全会一致で承認されました。
 続いて、各常任委員会に付託された議案等の審査についての各常任委員長報告、及び3名の議員による常任委員長報告に対する質疑が行われた後、表決が行われた結果、いずれの議案等は各常任委員長報告の通り可決・承認されました。
 その後、議員提出第6号議案「地方財政の充実・強化を求める意見書」及び議員提出第7号議案「令和2年度島根県地域別最低賃金改定等についての意見書」が上程され、これらの議案は前回一致で可決された後、最後に閉会中の継続審査及び調査についてが諮られ、令和2年6月定例会の全ての議事日程が終了しました。
 今回の令和2年6月定例会は、新型コロナウイルス感染防止等のため、当初の議事日程が大幅に短縮され、昨日で終了したわけですが、東京では、ここのところ50人近くの感染者が確認されており、当然ながらまだまだ終息に至る状況にないように思われます。しかし一方で、移動の自粛は解除となっている中では、島根県内においてもいつ感染が確認されるかわからないため、今後も引き続き感染防止対策をしっかりと行っていかなければならないと思っているところです。
 今日からは、益田市長3期目に向かって追い込みをかけていきたいと思っていますが、既に例えば公職選挙法第178条に該当するような疑わしい事例が出る等、これから告示に向けて各陣営とも運動が激しくなって来ているようですので、公職選挙法を遵守しながら取り組みを強化していきたいと思っています。

学習の遅れへの対応

2020-06-18
 昨日の島根県議会は、昨日に引き続き本会議が開会され、午前中3名、午後から2名の計5名の議員が、一問一答質問を行いました。
 このうち、学習の遅れへの対応に関し、「来年度の公立高校入試の試験範囲は無理のないペースで学習できる所までに限定し、早期に公表すべきと考えるが、所見を問う。」という質問に対し、教育長は、「文部科学省の試算では、4月及び5月休校、6月分散登校とした場合、45日程度不足するが、学習の遅れは、夏休みの短縮、土曜日の利用や授業時間の工夫等により、回復できるとしている。県内では、最も多い不足日数は23日、平均14日程度と45日の半分程度の日数であるため、約9割の中学校で2学期中、残りは3学期中に取り戻せる見込みである。そのため、現時点では、公立高校入試の出題範囲を限定することは考えていない。」と回答しています。
 このように、県教育委委員会は、今のところ、学習の遅れは回復できると見込んでおられますが、受験生にとって心身両面に影響が出ないよう充分に配慮しながら、学習の遅れの回復に取り組んで戴きたいと思っています。
 今日は、一問一答質問の最終日となる本会議が開会され、4名の議員が質問を行う予定になっています。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

2
9
7
3
1
9
TOPへ戻る