本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

コロナ新指標

2021-11-09
 新型コロナウイルス感染者も全国的に減少傾向が続いている中、昨日、政府の新型コロナウイルス感染症対策部会は、緊急事態宣言発令などの対策を判断する新たな指標を発表しています。
 この新たな指標は、新規感染者に基づいた4段階の「ステージ」から、医療の逼迫度を重視した5段階の「レベル(0~4)」に変更するもので、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などの対策が取られるのは、「レベル3」(従来のステージ3、4にあたる)となった場合で、最も厳しい状況となる「レベル4」は、一般医療を大きく制限してもコロナ医療に対応できなくなる状況(今夏の東京の状況)とされています。
 また、現在の各都道府県の状況は、「レベル0(新規感染者が0)」か、「レベル1(感染者がいても安定的に一般医療とコロナ医療が両立可能)」に相当し、この段階では基本的な感染対策を続けることで、社会経済活動の回復が可能とされ、「レベル2」は、感染者が増加傾向になり始めた状況で、段階的な病床増でコロナ医療が可能であるが、住民に感染リスクが高い行動を避けるように呼び掛けるとされています。
 このように今までの全国一律の基準から、地域の医療体制を考慮した指標に変更されることになったわけですが、これから予想されている第6波の影響を最小限に留めるためにも、今後もマスクの着や手指の消毒などの日常の感染症対策を引き続き徹底していき、社会経済活動の完全な回復が早期に実現されることを願っているところです。

益田市戦没者合同追悼式

2021-10-30
 昨日の10月29日(金)は、島根県芸術文化センター「グラントワ」小ホールにおいて開催された「令和3年度 益田市戦没者合同追悼式」に出席しました。
 益田市(旧益田市、美都町、匹見町)の戦没者数は2,625人、遺族世帯数は1,061世帯となっており、遺族会の皆さんは高齢化に伴い、年々出席者が減少しているようですが、昨日は天候に恵まれたこともあり、多くの皆さんが出席しておられました。
 この昨日の追悼式では、益田市長さんや益田市遺族会会長さん方が、献花並びに追悼のことばを述べられた後、各地域の代表者が遺族献花を行い、その後私も来賓として献花をさせて戴きましたが、あらためて、戦没者の皆さんのご冥福をお祈り申し上げますとともに、今後二度と悲惨な戦争が起きることのない平和な時代が続くことを心より願っているところです。

水管橋

2021-10-26
 昨日の10月25日(月)は、島根県議会全員協議会が開会されました。
 この全員協議会では、教育委員就任の挨拶、令和4年度国の施策及び予算編成等に係る重点要望についての説明等が行われたましたが、その後、それぞれの所管事項に関する重点要望の説明等のため各常任委員会が開会されました。
 私の所属する建設環境員会では、企業局、環境生活部、土木部の順で所管事項の調査が行われましたが、企業局長の挨拶において、「和歌山市において水管橋の崩落が起こっているが、この水管橋はアーチ橋でつり材が経年劣化して起こったものと考えられる。企業局が管理している46の水管橋にはアーチ橋はないが、今後も定期的に点検を着実に実施していき、安定的に水道の供給を行っていく。」と述べていますが、水道は県民の重要なライフラインであるため、今後も点検を確実に行い、和歌山市のような事態が起きないようにしっかりと取り組んで戴きたいと思っています。
 その後、午後からは、決算特別委員会全体会及び各決算特別委員会分科会が開会され、昨日の日程は全て終了し、益田に帰って来ましたが、明日は、要望活動のため再び松江に向かう予定にしています。
 ところで、24日に執行された津和野町長選挙において、現職の下森博之氏が4回目の当選を果たされました。予想では接戦と聞いていましたので、やや心配をしておりましたが、見事競り勝ち当選されましたことに、心よりお祝い申し上げます。
 下森町長におかれてましては、これから人口減少対策やコロナ対策等の喫緊の課題等や津和野町の更なる発展にしっかりと取り組んで戴くとともに、今後も引き続き高津川の漁業振興にもご理解・ご協力をお願いしたいと思っているところです。

公示及び告示

2021-10-19
 いよいよ今日10月19日(火)は、総選挙の公示となり、島根2区の自民党公認の高見やすひろ候補は浜田市内で第一声を行い、今日東に向けて遊説活動を行いますが、益田には、選挙期間中2回ほど遊説を行う予定となっています。
 また、今日から津和野町長選挙(24日投開票)が始まりましたが、私は高津川業業協同組合の組合長として、現職の下森候補の出陣式に地元の中村県議とともに出席して来ました。
 この津和野町町長選挙は、現職と新人の一騎打ちということもあり、事前の予想ではかなりの激戦ということなので、高津川漁協に対し日頃からご理解を戴いている下森候補の激励の演説を短時間ではありますが行ってきました。
 下森候補には、今後の選挙期間しっかりと町民の皆さんに政策等を訴え、来るべき24日の投票日には良い結果が出ることを期待しているところです。

残り6日

2021-10-13
 10月19日(火)の総選挙の公示まで、今日を入れて残り6日となり、島根県第2選挙区から自由民主党公認で立候補予定の高見康裕氏は、精力的に島根県第2選挙区内の各地域を回っていますが、昨日は私が益田市内の挨拶回り等に同行しました。
 昨日は、出来るだけ多くの方々にお会いすべく市内各地を回りましたが、やはり新人ということもあって、知名度が不足していることを実感しました。
 そのため、残りの6日間というこの少ない期間を有効に使いながら、立候補予定者にとってはきつい数日間となるかもしれませんが、故竹下亘の後継者として知名度を少しでも多くの皆さんに浸透させるよう、関係の皆さんと協力しながら最後まで取り組んでいくとともに、ご逝去された竹下亘先生の後継者として来るべき31日の投票日には、しっかりとした結果を勝ち取っていきたいと思っているところです。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

3
3
5
2
5
8
TOPへ戻る