本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

御田植式

2021-05-24
 昨日5月22(日)は、益田市白上町の水田で行われた「御田植式」に出席しました。
 この「御田植式」は、11月に宮中で営まれる「新嘗祭」に島根県を代表して献上するコメの田植えをおこなうもので、昨日はすばらしい青空の下、奉耕者の椋木浩二さんや松尾島根県副知事さん方とともに、五穀豊穣を祈りながら椋木さん所有の献穀田にコシヒカリの苗の田植えを行いました。
 この田植えは、慣れていないため大変でしたが、今後天候等に恵まれながら、しっかりと育っていくことを心より願っているところです。
 尚、昨日の「御田植式」のコシヒカリの苗は、無農薬で育てられてもので、今後収穫までも無農薬で栽培され、9月5日の稲を刈る「御抜穂式」を行い、10月下旬に約2キロの献納する予定となっています。

益田市と地元県議懇談会

2021-05-12
 5月7日に第1回目の新型コロナウイルスワクチン接種後、翌日に感じた接種部のかなりの痛みは、次の日には何事もなかったようにすっかり痛みは引きましたが、第2回目の接種後には1回目より重い痛みや発熱などの副反応が起きるケースが多いようですので、また28日の2回目接種後の状況については報告したいと思っています。
 さて、今日5月12日は、午前中、益田市役所で行われた「益田市と地元県議懇談会」に出席し、7月7日に行われる令和3年度の益田市から島根県に対する要望事項について説明を受けました。
 今回の島根県に対する要望は、重点用事項5項目、通常要望事項12項目の計17項目で、ほとんど継続の要望事項でしたが、新規重点要望事項として、「新型コロナウイルス感染症に係る対策について」、「益田道路の未着手区間(久城~高津間)の早期事業化について」が上げられています。
 この新要望事項のうち「益田道路の未着手区間(久城~高津間)の早期事業化について」は、久城ICから高津IC間は、高津IC付近交差点を中心に渋滞が度々発生していることや、現道の一般県道久城インター線は、高津川と益田川に挟まれ、両河川の浸水想定地域内にあることから、今後、県と密に連携しながら国に対し強く働きかけていくとともに、他の要望事項についても、実現に向けてしっかりと取り組んでいきたいと思っているところです。

副反応

2021-05-08
 昨日の5月7日、政府は新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令中の緊急事態宣言を5月末まで延長し、5月12日から愛知県、福岡県を対象に追加すること発表しました。
 この措置により、今後、新型コロナウイルス感染が高い水準にある大都市部を中心に、高い効果の見込まれる措置を徹底するとしていますが、この緊急事態宣言延長の期間中に大きな効果が上がり、本当に国民が安心感を持てる状況となることを期待したいと思っています。
 ところで、昨日の5月7日の午後から、歯科医療従事者として、指定された時間に益田赤十字病院において新型コロナワクチンの接種を受けてきました。
 この歯科医療従事者の新型コロナワクチン接種は、先月末から各歯科医院に接種日が指定されており、昨日の5月7日は、私の歯科医院を含め市内の7~8の歯科医院の歯科医師及びスタッフが接種を受け、接種後15分間以上(過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を起こした者等は30分以上)様子を見るする必要があるため、接種会場の指定場所で15分間待機しましたが、特に問題はないため会場をあとにしました。
 その後、接種当日の夜は、多少接種した部位に違和感はある程度でしたが、今朝になって肩を上げたり、回したりするるとかなり痛みを感じる状態となています。このような痛みは接種後の副反応でよく出る症状とのことなので、昨日は念のため利き腕でない左腕にワクチンを接種をして戴いたのは、正に正解だったように思っているところです。
 尚、2回目の新型コロナワクチン接種は3週間後となっていますが、2回目のワクチン接種後の方が、思い症状の副反応が出やすいと報道があるため、また2回目の接種後の状況についても、報告したいと思っています。

新型コロナウイルスワクチン接種

2021-04-21
 今年の2月初旬に、歯科医師会から、優先接種となる「医療受持者向け新型コロナウイルスワクチン接種」の申し込みの案内が来たため、すぐに申し込みをしていましたが、ようやく先週1回目及び2回目の接種日時の決定通知が送られてきました。
 この医療従事者向けのワクチン接種は、益田赤十字病院、益田地域医療センター、松ヶ丘病院の協力で実施されることになっていますが、医療従事者向けのワクチン接種は、ワクチン供給量とワクチン接種者数がほぼ同数であるため、私及びスタッフの全員(4人)が同日同時刻に益田赤十字病院で接種を受けることになっています。
 また、今回接種を受ける新型コロナウイルスワクチンは、ファイザー社製のメッセンジャーRNAワクチンで、接種後副反応が出ることもあるようですので、今後接種時及び接種後の状況をこのブログ上で報告したいと思っています。
 いずれにしても、まだまだワクチンの供給量が不足しているため、中々多くの方々が接種を受けられる状況とはなっていませんが、一日でも早く供給が全国にいきわたるよう政府におかれては、最大限の取り組みを行って戴きたいと思っているところです。
新型コロナワクチンを受けた後の注意点
  • (2021-04-21・618KB)

天然遡上

2021-04-07
 先月の14日に、高津川漁業協同組合の令和2年度通常総代会が開催され、令和2年度事業報告や令和3年度事業計画等の議案については、全て原案通り可決・承認され、令和3年度も引き続き全川全面禁漁を10日間前倒し、10月1日~11月30とすることとなっています。
 この全川全面禁漁の10日間前倒しは、天然遡上するアユ資源が非常に厳しい状況にあるため、産卵親魚を保護し、流下仔魚の増加を目的に行うものです。この措置を今まで数年間組合員の皆さんのご理解を賜りながら行うことにより、流下仔魚は増加傾向にあり、それに伴い天然遡上も徐々に増加してしていますが、昨年まで依然として高津川を含め日本海側の河川の天然遡上が悪い状況が続いています。
 しかし、今年の天然遡上は、今のところ今までになく順調との報告を受けていますので、少しずつではありますが、ようやく今までの全川全面禁漁の前倒し措置の効果が出てきているのではないかと考えているとともに、今年の解禁(アユ竿釣り:6月1日、アユ網漁:6月15日)後のアユの豊漁を期待したいと思っています。
 いずれにしても、今後も組合員の皆さんのご理解・ご協力を戴きながら、引き続き粘り強くアユ資源の保護・増殖に取り組んでいきたいと思っているとところです。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

3
2
8
8
7
2
TOPへ戻る