本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

代表質問

2020-09-11
 昨日、島根県議会では、本会開会され、午前中1名、午後から2名の計3名の議員が代表質問を行いました。
 このうち自民議連の代表質問における「島根県として、コロナ後の社会を見据えた今後の進べき道・方向性及び今後島根県がとるべき行動をどのように考えるか。」という質問に対し、知事は、「新型コロナウイルスの感染により、過度に人口集中している東京には、感染リスクが高いことなどから、地方が再認識されている。今後、新型コロナウイルスに対するワクチン等が開発され、アフターコロナとなってくると、島根県の産業振興等を見据えた対応をしていく必要がある。そのため、地方暮らしに関心をもつ方々や、新型コロナウイルス感染により地方に関心を示す人々に積極的にアプローチすることが重要であるため、人間らしい暮らしの出来る島根の姿をさらに伝えていけるよう情報発信の強化を行い、地方へ移住を希望する人々に、島根を選択してもらえるよう取り組んでいく。」と回答していますが、知事が言われるように正にアフターコロナに入ってくると、島根のような地方へ大きなチャンスが訪れる可能性があるため、島根として他県に先駆け、アフターコロナを見据えた取り組みを強化して戴きたい思うとともに、私としても今後その取り組みに対ししっかりと協力していきたいと考えているところです。
 今日も島根県議会では、本会議が開会され、3名の議員が一般質問を行う予定となっています。

一般質問

2020-09-15
 昨日の島根県議会では、本会議が開会され、午前中2名、午後から1名の計3名の議員が一般質問を行いました。
 このうち「知事に就任して1年半、財政問題、コロナ問題と立て続けに難題に直面し、知事はその時々で英断を下してきたが、その思いと、理解・協力してきた県民に対する思い、そして今後の県政の進め方について」を問う質問に対し、知事は、「知事に就任して1年半において、大きく島根創生計画の策定、新型コロナウイルス対策に取り組んできた。これらにおいて、県内経済といかにバランスをとっていくかを判断し、また新たな政策に取り組む一方で、これまでの政策を見直す判断等、心苦しい提案もしてきたが、この間県民の皆さんにはご理解・ご協力を賜り心より感謝している。今後とも、県民生活や経済の実態を的確に把握し、県政に取り組んでいく。」と回答していますが、知事におかれては、今までの難題に取り組んできた経験を生かし、今後も様々な県政の課題等にしっかりと取り組んで戴きたいと思っているところです。
 今日も島根県議会では本会議が開会され、3名の議員が一般質問を行う予定となっています

(新)アユ種苗センター

2020-09-14
 9月12日(土)は、江津市敬川町に新たに建設された「江川漁業協同組合(新)アユ種苗センター落成式」に、島根県内水面漁業漁業協同組合代表理事会長として出席しました。
 この「(新)アユ種苗センター」は、昭和52年からアユ種苗生産を行っていた「(旧)江川漁協敬川種苗センター」が老朽化等により、管内漁協への県内産アユ種苗の安定的な供給が出来なくなったため、国、島根県並びに各流域関係市町の支援も戴き、新たに旧種苗センター近くに建設されてものです。
 この「(新)アユ種苗センター」により、これから県内の必要数のアユ種苗の育成が行われることにより、県内各漁協へのアユ種苗の安定的な供給が可能となりますので、島根県内水面漁連にとって、今後の内水面振興に大きく資するものと期待しています。
 そのため、今後もこの「江川漁業協同組合(新)アユ種苗センター」が順調に運営されるよう、出来るだけの協力並びに支援等を行っていきたいと考えているところです。

代表質問

2020-09-11
 昨日、島根県議会では、本会議が開会され、午前中1名、午後から2名の計3名の議員が代表質問を行いました。
 このうち自民議連の代表質問における「島根県として、コロナ後の社会を見据えた今後の進べき道・方向性及び今後島根県がとるべき行動をどのように考えるか。」という質問に対し、知事は、「新型コロナウイルスの感染により、過度に人口集中している東京には、感染リスクが高いことなどから、地方が再認識されている。今後、新型コロナウイルスに対するワクチン等が開発され、アフターコロナとなってくると、島根県の産業振興等を見据えた対応をしていく必要がある。そのため、地方暮らしに関心をもつ方々や、新型コロナウイルス感染により地方に関心を示す人々に積極的にアプローチすることが重要であるため、人間らしい暮らしの出来る島根の姿をさらに伝えていけるよう情報発信の強化を行い、地方へ移住を希望する人々に、島根を選択してもらえるよう取り組んでいく。」と回答していますが、知事が言われるように正にアフターコロナに入ってくると、島根のような地方へ大きなチャンスが訪れる可能性があるため、島根として他県に先駆け、アフターコロナを見据えた取り組みを強化して戴きたい思うとともに、私としても今後その取り組みに対ししっかりと協力していきたいと考えているところです。
 今日も島根県議会では、本会議が開会され、3名の議員が一般質問を行う予定となっています。

令和2年9月定例会

2020-09-04
 昨日の9月3日(木)から、島根県議会令和2年9月定例会が、10月2日(金)までの会期30に日間で開会されました。
 その初日の本会議では、予算案18件、条例案5件、一般事件案14件の計37件の議案が知事から提出され、それらの諸議案の説目に先立ち、知事の所信表明が行われました。
 このうち「新型コロナウイルス感染症対策」について、知事は、「感染症への対応にあたり、県民及び事業者の皆さんの感染症対策の徹底への理解と協力に対し心から感謝する。また治療に当たっている医療従事者の皆さん、そして、感染リスクのある中で、県民生活に不可欠な事業を継続している事業者及び従事者の皆さんにも、重ねて敬意と感謝を表する。県としては、引き続き、県民の皆さんの命と生活や、県内事業者を守るため、国や他の都道府県、市町村、医療機関などと緊密に連携を図りながら、感染拡大防止、医療体制の強化、地域経済の回復など、事態の収束に向けて全力で取り組んでいく。」と述べています。
 ところで、安倍首相の突然の辞任表明を受け、自民党では後任の総裁を「党大会に代わる両院議員総会」により選任されることに決定しましたが、島根県連では昨日、常任総務会が開催され、島根県連の3票については、広く党員党友の意見を反映させるため、島根予備選挙を、往復葉書による郵便投票(投票締切:9月11日、ドント方式)により行うことを決定しました。
 この新自民党総裁については、新聞やテレビの報道等では、3人の立候補予定者のうちほぼ一人に絞られたような感じですが、島根県の党員党友の皆さんには、島根県のような地方にとって誰が望まれているか等をしっかりと考えながら投票して戴き、島根県連の3票が今後のつながるようになることを期待したと思っているところです。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

3
0
0
4
5
8
TOPへ戻る