本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

第472回島根県議会(令和2年6月定例会)

2020-06-11
 昨日から、第472回島根県議会(令和2年6月定例会)が(会期16日間:6月10日~6月25日)開会され、午前10時から初日の本会議が開会されました。
 この昨日の本会議では、会議録署名議員の指名、会期の決定、諸般の報告の後、本年3月26日に急逝された小沢秀多議員に対する追悼演説が行われました。あらためて、志半ばでお亡くなりになられました小沢秀多県議に対し、心よりお悔やみ申し上げます。
 その後、予算3件、条例案5件、一般事件案12件の計20件の知事提出議案が上程され、その議案の提案理由の説明に先立ち、知事の所信表明が行われました。
 この中で丸山知事は、新型コロナウイルス感染症対策や影響を受ける県経済を守る施策等やその他県政の課題等についての取り組みについても詳しく説明を行われましたが、特に新型コロナウイルス感染症対策や影響を受ける県経済を守る施策については、スピード感をもってしっかりと取り組んで戴きたいと思っています。
 また、昨日は、議員提出第3号議案、議会の議員の令和2年6月の期末手当を支給しないとする「議会に議員の期末手当の特例に関する条例」が上程され、直ちに表決が行われ、全会一致で可決成立されました。
 尚、今日・明日は県議会は休会となり、来週の15日(月)から再開される予定となっています。

WEB会議

2020-06-04
 昨日の6月3日は、午前中松江に移動し、県庁において土木部との協議等を行った後、午後から、全国合同漁業共済組の合理事会に出席しました。
 昨日の理事会は、新型コロナウイル感染防止のため、東京の本所と各事務所とをオンラインで結び、WEB会議で行われましたので、私は島根県事務所において、このWEB理事会に出席しました。
 このようなWEBでの会議は初めてでしたので、最初はやや戸惑いましたが、特に異常なく議事はスムーズに進行し、全ての議案は全会一致で承認され、今後、6月23日(火)に東京の本所会議室においてWEB形式・書面で開催される総代会に提案されることになります。
 尚、現在1都2府17県が合併し、全国合同漁業共済組合が構成されていますが、本年10月には、石川県が合併し、1都2府18県となり、石川県との合併後は共済金額は北海道を超える規模となる予定です。
 また、この合併により、今後より一層の危険分散による事業収支の安定及び運営コストの削減等が図られることとなりますので、島根県事務所としてもさらなる契約増を目指し、職員の皆さんと連携を密にしながら取り組んでいきたいと思っています。

河川全面禁漁

2020-05-29
 昨日は午後から、高津川漁業協同組合の理事会を開催しましたが、理事会開始前に島根県水産技術センターより、「高津川のアユ資源と今後の取り組みについて」というテーマで説明を受けました。
 この昨日の水技センターからの「高津川のアユ資源と今後の取り組みについて」では、「昨年の流下仔魚数は9.2億尾であり、平成27年より10月1日からの河川全面禁漁を行っているものの、劇的な効果が発現されていないが、毎年少なくとも10億尾が流下できるように、10月1日からの河川全面禁漁措置を継続する必要がある。昨年県内のある漁協が河川全面禁漁を10月1日から10月10日に戻したところ、流下仔魚が激変しているので、10月1日からの禁漁は、資源が回復するまで粘り強く継続していく必要があるのものと考えている。」との説明がありましたが、組合員さんから10月1日からの河川全面禁漁の見直しの要望も出されていることから、今後来年に向けて理事会等で議論していきたいと思っています。
 その後、理事会の議事を行い、全ての議案について承認を戴きましたが、この中で、国の事業である「先進的内水面漁場管理推進事業(令和2年度やるぞ内水面漁業活性化事業)」への申請について説明があり、申請を行うこととなったものの、全体の枠が余りにも少ない感じがしていますので、今後、機会があれば、自民党の内水面漁業振興議員連盟(会長は島根2区選出の衆議院議員竹下亘先生です。)及び水産庁に要望等を行うことを検討していきたいと思っているところです。
 また、昨日の理事会において、今年の7月に行われる益田市長選挙において、高津川漁業協同組合として山本浩章益田市長を推薦することを承認戴きましたので、出来るだけ早く推薦状を交付したいと思っています。

緊急事態解除宣言に伴う県の対応

2020-05-28
 昨日の午後から島根県庁において、新型コロナウイルス感染防止対策本部会議が行われ、5月25日に政府が全都道府県における緊急事態を解除したことに伴う県の対応について協議が行われました。
 この会議において、*6月1日からは、中国5県相互間の移動について、自粛を解除する *6月15日からは、各地域の感染状況を踏まえて、北海道、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県への移動について、自粛要請の解除を検討する *6月19日からは、全ての都道府県間の移動について、自粛要請の全面解除を検討する等の知事指示事項が示されましたが、高津川漁業協同組合としては、6月1日のアユ漁の解禁を前にどのような対応をすべきが検討していたところでしたので、昨日の支持が出されてことにややほっとしています。
 また、これからの解禁後の対応について、今日午後から開会予定の理事会で協議したいと思っていましたが、知事支持が出されたため、「三つの密を回避する」「手洗いなどの手指衛生確保を行う」ことなどの基本的な感染症対策の徹底を図りながら、県境をまたぐ遊漁者の皆さんの受け入れを行っていきたいと思っています。
 いずれにしても、今年の豊漁を期待しながら、万全の対応を取っていきたいと考えているところです。

令和2年6月議会会期

2020-05-20
 昨日は、午前9時20分から、島根県議会議会運営委員会が開会され、令和2年6月議会の会期を新型コロナウイルス感染症対策のため8日間短縮し、6月10日(水)から6月25日(木)までの16日間に変更すること、本会議等のマスクの着用や本会議における執行部の座席を原則1つ空けて座ることなどが諮られ、全て了承されました。
 その後、午前10時から全員協議会が開会され、(1)令和3年度国の施策及び予算編成等に係る重点要望、(2)新型コロナウイルス感染症の対応について、執行部から説明が行われました。
 このうち、国への重点要望については、今回は新型コロナウイルス感染症の関係で、各省庁に書面で行うこと、及び新型コロナウイルス感染症の対応については、県民に向け、基本的な感染対策の徹底について、「3つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い等の手指衛生」など、継続して取り組むよう要請する等の説明が行われました。
 また、昨日は、全員協議会終了後、各常任員会が開会され、それぞれの委員会に関係する重点要望やコロナウイル感染症の拡大に伴い専決された補正予算について説明等が行われた後、本年度の「道路財源の確保を求める都道府県議会議員の会」の取り組み等のついて協議し、夕方益田に帰って来ました。
 今日は、午後から、高津川漁協組合員資格審査委員会に出席する予定にしています。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

2
9
4
9
9
7
TOPへ戻る