本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

財政健全化

2018-08-29
 昨日は、島根県議会全員協議会が開会され、教育長、警察本部長並びに公安委員の就任の挨拶が行われた後、①平成29年度島根県普通会計決算及び健全化比率等の概要、②平成30年度7月豪雨による被害状況と対応、③島根原発3号機の事前了解願いに係る対応について、執行部から説明が行われました。
 このうち平成29年度健全化比率の概要に関して、実質公債比率は6.2%(前年度より-1.4ポイント)となっていることなどが報告されましたが、この値を見ると、平成18年度の実質公債比率18.1%から比べると、かなり財政健全化が進んでいることを理解することができます。しかし、島根県の財政状況は依然と厳しいのが現実ですので、財政健全化への取り組みを今後も継続していかなければならいと思っています。
 また、昨日は、全員協議会終了後、各常任員会が開会され、私の所属する文教厚生委員会では、教育委員会から3項目、健康福祉部から3項目について、報告が行われた後、質疑を行いました。
このうち、教職員の人事権をめぐる問題については、検討会議小委員会が開会され、議論が始まったことが報告されましたが、私としては、当然ながら、島根県内の多くの市町村と同じように、島根県の教職員の人事権は引き続き島根県が持つべきと考えていますので、この問題については、速やかに結論を出し、教育界が抱える様々な諸課題に全市町村教育委員会と島根県教育委員会が一致して取り組んで戴きたいと思っているところです。
 今日は、明日行われる「道路財源の確保を求める都道府県議会の会」の打合せ等のため、午後から東京に向かう予定にしています。

自民党総裁選挙

2018-08-22
 一昨日は、今までの猛暑からやや気温が下がり、秋の気配を感じられるようになって来たと感じていましたが、昨日は再び猛暑り逆戻りし、しかもこの暑さは暫く続くようですので、引き続き熱中症や夏バテ等に注意しながら乗り切っていきたいと思っています。
 また、一方で、台風19号・20号の二つ台風が西日本付近に迫っており、どうもこの台風により地域によっては大雨となる可能性があるようですので、今後台風の進路等を注視していく必要がありますが、先般の西日本豪雨によるような大きな災害が発生しないことを祈るばかりです。
 ところで、自民党の総裁選挙が、9月7日(金)告示、9月19日(水)党員投票の締切日、9月20日(木)党員投票の開票日・議員投票の投開票日、という日程で行われることが決定しています。
 今回のこの自民党総裁選は、現自民党総裁の安倍首相と鳥取県選出の石破衆議院議員との一騎打ちになる様相となっていますが、私としては、島根県選出の自民党総務会長竹下先生の意向を尊重し、来るべき来年の参議院議員選挙に向けて、益田支部内の党員の皆さんと協議しながら、出来るだけ一致した行動をとっていきたいと思っているところです。

小中学校へのエアコン設置

2018-08-20
 今年のお盆休みは、16日の午前中に一旦診療を行った以外、実質11日から19日までの長い休みとなり、前半は先祖の墓参り等を行い、後半は家族旅行に行く等しながら過ごしましたので、今日から本格的な仕事の再開となりますが、気が付けば9月6日(木)から始まる9月議会まであとわずかとなっています。
 そのため、今日は慌てて9月議会の質問準備を始めています。しかし、今年は益田東高等学校の甲子園出場が重なり、これから最終的な決算等を行ったり、ご協力の御礼に回ったりしなければならないため、間に合うかどうか心配していますが、これから出来るだけ質問を行う方向で努力したいと思っています
 ところで、今年は全国各地で猛暑となったため、来年夏までに政府は公立小中学校にエアコンを設置するため、予算措置をする方針を固め、秋の臨時国会へ補正予算案を提出する予定のようです。
この小中学校へのエアコン設置については、益田市長は今年の重要政策に位置付け、取り組みを強化することを表明していますが、今回秋の臨時国会にエアコン設置の予算案が提案されることになれば、どれぐらいか具体的には分からないものの、恐らく今までの補助率の3割から必ず上乗せがあると思いますので、益田市としてはこのチャンスをしっかりと捉え、市内全小中学校へのエアコン設置を実現してもらいたいと思っているところです。

初戦敗退

2018-08-09
 先週の8月4日(土)は益田水郷祭、5日(日)は高津川いかだ流し大会、その後益田東高校の甲子園出場への準備、そして今週の7日(火)は甲子園球場での応援と忙しい日々が続いていましたが、昨日、甲子園から帰り、少し一段落しましたので、今日は久しぶりのブログの更新となります。
 さて、8月7日(土)の夜開催された「益田水郷祭」は、今回で節目となる第50回を迎えました。そのため、多くの皆さんにご協賛・ご協力を賜り、第50回にふさわしい「益田水郷祭」となるよう準備を行って来ていた中、益田東高校の第100回全国高等学校野球選手権記念大会出場という益田にとって大変喜ばしい快挙が加わったため、「益田水郷祭」の開会式において、「皆様には、この水郷祭を通し、高津川、そして高津川が流れ出る日本海の環境保全に対し更なる理解を深めて戴きますとともに、益田東高校の甲子園での勝利を祈りながら本日の第50回の水郷祭をお楽しみ戴きたい。」と、開会の挨拶をさせて戴きました。
 しかし、7日(火)の第4試合において、常葉大菊川高校と対戦した益田東高校は、一時は5点差を逆転するという粘りを見せましたが、残念ながら7対8という1点差での敗退となり、悲願の甲子園1勝はまたしても果たすことは出来ませんでした。。
 私も、甲子園の1塁側アルプススタンドで、生徒の皆さん等と一緒に応援をしましたので、この僅差での敗退は、本当に残念でなりませんが、例え益田市内出身の選手がいなくても、選手の皆さんは、島根県、そして益田の代表として誇りを持ち堂々と戦い、全国に益田の名を知らしめてくれました。
 あらためて、選手の皆さんの検討を称えるとともに、これからの人生に益田での生活が活かされるようしっかりと将来に向けて突き進んで戴きたいと思っています。
 尚、写真は、益田水郷祭の花火大会、高津川いかだ流し大会及び甲子園における益田東高校の応援の様子です。

組み合わせ抽選会

2018-08-03
 毎日今まで経験したことのない暑さが続き、今や挨拶が「毎日暑いですねー!」というのが定番となっていますが、この暑さはどうも8月いっぱいは続くようですので、体調に十分注意しながら、この猛暑を何とか乗り切っていきたいと思っているところです。
 さて、昨日第100回全国高校野球選手権記念大会の組み合わせ抽選会が行われ、益田東高等学校は、大会3日(8月7日)の第4試合で、静岡県代表の常葉大菊川高等学校と対戦することが決定しました。
 この対戦校の常葉大菊川高校は、何といっても野球どころ静岡県の代表であり、2008年には準優勝している強豪校ですので、手ごわいい相手には違いはありませんが、挑戦者の気持ちで普段通りの益田東高校の戦いが出来れば、決して勝利は不可能ではないと思っています。是非、益田東高校の選手の皆さんには、憶することなく全力で戦って戴きたいと思っています。
 また、我々としても、支援のお願いを更に拡大・強化するとともに、選手の皆さんが甲子園で少しでものびのびとプレーすることが出来るよう、生徒の皆さんや一般の皆さんの甲子園に向けての出発の準備や甲子園での応援等の体制について確認等を学校側と共に行っていきたいと思っています。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

2
7
3
4
2
0
TOPへ戻る