本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

哀悼の意

2021-09-22
 昨日9月21日(火)の島根県議会では、午前10時から本会議が開会されましたが、議事に入る前に去る9月17日にご逝去された衆議院島根2区選出の竹下亘先生に対する哀悼の意が議長並びに知事から表されました。
 また、昨日の10時からの本会議前に、島根県政会館の竹下事務所に記帳に行ってきました。本当に竹下先生の突然のご逝去は残念でなりませんが、あらためて、竹下先生のご功績に心から敬意を表しますとともに、謹んでご冥福をお祈り致します。
 今日の島根県議会は、一般質問最終日となる本会が開会され、2名議員が質問を行い、その後、島根原子力発電所対策特別委員会が行われる予定となっています。

島根県飲食店等事業継続給付金

2021-09-17
 昨日の島根県議会は本会議が開会され、午前中1名、午後から2名の計3名の代表質問が行われました。
 このうち、コロナ渦における対応に関し、「飲食店向けの給付金を含めて事業者支援分の活用について知事の考えを問う。」という質問に対し、丸山知事は、「国の地方創生交付金の第1次事業者向け配分を活用して、島根県飲食店等事業継続給付金の受付を8月から開始し、9月9日現在で638件、740店舗の申請を受けつけているが、新型コロナ感染第3波の影響により前年と比較し売り上げが50%以下となっている店舗数を約4000店舗と考えていたが、これまでの申請の状況を見ると、実態からかなりの乖離がある。そのため、より多くの飲食店が対象となるよう要件の見直しを検討している。また、飲食店以外にも厳しい経営状況となっている企業があるため、国の追加給付金18.6億円を活用して支援していく予定である。」と回答していますが、島根県飲食店等事業継続給付金については、私の地元の皆さんからも給付要件の見直しを要望されていたので、出来るだけ早期に見直しを実施して戴きたいと思っているところです。
 今日の島根県議会は、一般質問の初日の本会議が開会され、3名の議員が質問を行う予定となっています。

島根県議会令和3年9月定例会

2021-09-11
 一昨日の9月9日(木)から(10月8日(金)までの会期30日間)第478回島根県議会(令和3年9月定例会)が開会されました。
 初日の9日は、本会議が開会され、予算案18件、条例案5件、一般事件案19件の計42件の知事提出議案の上程が行われました。
 これらの議案のうち第98号議案の「令和3年度島根県一般会計補正予算(第5号)」については、新型コロナウイルス感染症対策として、緊急に対応する必要がある補正予算案のため、他の議案に先立ち先議されることになり、直ちに委員会付託が行われ関係する委員会において審査された後、本会議において全会一致で可決成立しています。
 また、10日(金)は全員協議会が開会され、上程された議案についての詳細な説明が行われ、いよいよ来週の16日から質問戦が始まることになりますが、私は今回も一問一答会質問を行う予定にしています。
2021-09-03
創立110周年
 昨日は、島根県立芸術文化センター「グラントワ」大ホールで行われた、私の母校の「島根県立益田高等学校創立110周年記念式典」に出席しました。
 この島根県立益田高等学校は、明治45年(1912年)4月、益田町立女子技芸学校として設立されて以来、戦前の女学校時代、戦後昭和23年(1948年)の島根県立益田高等学校への改称・男女共学化と変遷し、約1万9千名の卒業生を送り出し、本年度創立110周年を迎えることとなっていますが、10年前の100周年の際は、私は創立100周年記念事業実行員会のメンバーとして、その記念事業に携わっており、それから早くも10年の月日が流れたことあらためて昨日の記念式典で実感したところです。。
 また、確か10年前の創立100周年に当たる年の益田高校の入学式だっと思いますが、当時PTA会長として挨拶をしたとき、入学生そして在校生の皆さんに「この記念すべき創立100周年を契機に、何かをあらためてする必要はなく、益高生としての誇りを持ちながら日々の高校生活を送り、皆さん自身の新たな益高の歴史を刻んで戴きたい。」というよう趣旨のお祝いを述べたことを思い出し、懐かしく思っています。
 いずれにしても、今後の島県立益田高等学校の益々の飛躍・発展を心より期待したいと思っています。

八朔祭

2021-09-01
 今日から9月が始まりますが、今日9月1日は私の地元の高津柿本神社では毎年恒例の八朔祭、そして隣接する高津川河川敷の流鏑馬公園では流鏑馬神事が行われます。
 この八朔祭は、柿本人麿の誕生日、陰暦の8月1日に行われる豊作祈願のお祭りで、高角橋から高津柿本神社まで屋台等が出店する賑やかな祭りであるとともに、流鏑馬神事は疾走する馬の上から騎手が弓で的を射る勇壮な神事です。
 また、地元では、益田市戸田で生誕し、益田市高津で終焉を迎えたと伝えられている柿本人麿のことを、敬愛を込めて「人丸さん」(ひとまるさん)と呼び、子供のころからこの人丸さんのお祭りである八朔祭を楽しみにしていましたが、残念ながら昨年に引き続き本年も新型コロナ感染拡大防止のため中止となっています。
 来年こそは、コロナが収束し再び行われることを心から願っていますが、再来年には、柿本人麿没後1300年を迎えるため、益田市柿本人麿公顕彰会が中心となって、再来年の1300年祭を契機に柿本人麿について、更なるPR等を行うことを計画しています。
 そのため今後、地元益田市そして石見地方各地に残る人丸さんゆかりの地をつなぎ、石見地域の大きな観光資源として、全国に積極的にPRするとともに、1300年祭の記念となるイベントを開催していきたいと思っているところです。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

3
1
5
4
3
3
TOPへ戻る