ブログ

中島謙二の日記

 

一般会計予算

2009-12-26
 昨日政府は、2010年度の予算案、92兆2992億円(09年度当初予算比4.2%増)を決定しています。
 この予算総額は、2年連続で過去最大を更新し、マニフェスト関連施策関係の歳出が膨らむ一方、経済危機による税収減のため新規国債発行額も44兆300億円(33.1%増)と過去最大となっています。
 政府は、「コンクリートから人へ」というスローガンを掲げ、公共事業を削減し、子ども手当や農業者戸別所得保障制度等を導入していますが、今回の予算には編成に余り時間がなかったせいか、日本経済の将来ビジョンが示されてないように思います。
 今朝のワイドショーを見ていると、政府関係者は「国の借金が多いのは、前政権がつくったものだ」と発言していましたが、確かにその通りのところもありますが、この状態を立て直すために政権を取った訳ですから、過去のことばかりではなく、そろそろ政府与党がこの状態を脱却させるための明確な方針を示して欲しいものです。
 いずれにしても、新政府による新年度の予算により、出来るだけ早期に日本の景気が回復することを期待したいと思っています。

偽装献金

2009-12-25
 今日は、午前中11月議会の質問と回答の要旨をまとめています。また午後からは、萩・石見空港マラソン大会実行委員会に出席する予定です。
 ところで、昨日の夕方鳩山首相は都内のホテルで、偽装献金問題で元公設秘書の在宅起訴を受けて緊急記者会見を行っています。私もその模様をテレビで見ていましたが、結局「全てを秘書に任せており、私は全く知らなかった。」と一切の関与を否定されています。
 しかし仮にいわゆる「故人献金」問題がわかるまでは知らなっかたとしても、その後元秘書や調査にあたっている弁護士から事情を聞いているはずで、全く知らなっかではおかしい感じがします。
 また過去の発言との整合性についても、理解に苦しむ発言をされていますが、本当に昨日の会見で説明責任を果たしたと言えるのでしょうか……?

子ども手当

2009-12-24
 政府は23日、2010年度に支給する子ども手当に地方負担を求めることとし、その財源として現行の児童手当を形式的に存続させ子ども手当の一部とし、地方負担約6100億円と企業負担約1450億円を残すことを決定しています。
 この措置で、来年6月から所得制限なしで中学校卒業まで、子ども1人当たり月1万3千円を支給されることに変わりはありませんが、地方の負担が入るのは子ども手当ではなく児童手当という何とも苦肉の策というか、地方にとっては納得できない措置のように思います。
 また高校授業料の実質無償化についても、実施費用4243億円のうち310億円を地方が負担することが決定されていますが、 政府は、これらの措置について、実質的に地方に新たな負担を求めていないと理解を求めています。
 しかし、これらの政策はもともと地方からの要望ではなく、民主党の政権公約で掲げたものですから、やはり民主党が責任を持って全額国費で財源措置をすべきだと私は思っていますし、また全く理解に苦しんでいます……。
 

「疾走する日本車」

2009-12-23
 今日は、島根県立美術館で行われた「疾走する日本車 1960年代を主軸とする国産車の軌跡」展のオープニングセレモニーに出席しました。
 この「疾走する日本車 1960年代を主軸とする国産車の軌跡」展には、トヨタ2000GTボンドカーや日産フェアレディーZ(S30型)など、1960年代の7メーカー、14台のすばらしいデザインの実車が展示されています。
 このように1960年代の代表的な名車が、非常にすばらしい状態で見られることは、めったにないと思っています。
 この企画展は今日から来年2月14日(日)まで開催されていますので、皆さん是非島根県立美術館に一度足をお運び戴きたいと思います。
 

暫定税率

2009-12-22
 昨日鳩山首相は、ガソリン税の暫定税率について、暫定税率の仕組みを来年3月末で廃止し、現在の暫定税率と同水準(ガソリン1?あたり25円)の新たな課税措置を導入する方針を発表しています。
 もともと民主党は、暫定税率の廃止をはっきりマニフェストに記載していますが、昨日の方針では、今後は暫定でなく、恒久税となることになるわけです。今回の措置は今の財政j状況では、致し方ないように思いますが、一方で明らかに公約に反する措置であることには間違いありません。 
 また、本当に今回の方針決定が首相自らの主導の元に行われたのか、政策決定の内閣1元化により決定されたのか、甚だ疑問に思っています。このような折衷案方式がいつまでも続くとは思いませんが……。
 
 

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

2
7
2
3
5
9