本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

学習の遅れへの対応

2020-06-18
 昨日の島根県議会は、昨日に引き続き本会議が開会され、午前中3名、午後から2名の計5名の議員が、一問一答質問を行いました。
 このうち、学習の遅れへの対応に関し、「来年度の公立高校入試の試験範囲は無理のないペースで学習できる所までに限定し、早期に公表すべきと考えるが、所見を問う。」という質問に対し、教育長は、「文部科学省の試算では、4月及び5月休校、6月分散登校とした場合、45日程度不足するが、学習の遅れは、夏休みの短縮、土曜日の利用や授業時間の工夫等により、回復できるとしている。県内では、最も多い不足日数は23日、平均14日程度と45日の半分程度の日数であるため、約9割の中学校で2学期中、残りは3学期中に取り戻せる見込みである。そのため、現時点では、公立高校入試の出題範囲を限定することは考えていない。」と回答しています。
 このように、県教育委委員会は、今のところ、学習の遅れは回復できると見込んでおられますが、受験生にとって心身両面に影響が出ないよう充分に配慮しながら、学習の遅れの回復に取り組んで戴きたいと思っています。
 今日は、一問一答質問の最終日となる本会議が開会され、4名の議員が質問を行う予定になっています。

一般質問最終日

2020-06-17
 昨日の島根県議会は、一般質問最終日となる本会議が開会され、午前中2名、午後から2名の計4名の議員が質問を行いましたが、二人目の答弁が午前中に行うことがで出来ず、午後からは二人目の答弁から再開されたたため、終了時間が大幅に遅れた本会議となりました。
 この2日間の一般質問を聞いていると、やはり新型コロナウイルス感染防止対策や今後の経済対策に関する質問が多く出されており、そのため、特に知事、健康福祉部長や商工労働部長が多くの答弁を行っています。執行部の皆さん大変だろうとは思いますが、今はこのコロナ禍をどう乗り切っていくかが、県政の最重要課題であるため、今後の対策や取り組み等を引き続きしっかりと丁寧に説明して戴きたいと思っています。
 今日の島根県議会は、昨日に引き続き本会議が開会され、5名の議員が一問一答質問を行う予定となっています。

コロナ禍にある経済対策

2020-06-16
 昨日の島根県議会は、一般質問初日の本会議が開会され、午前中2名、午後から2名の計4名の議員が質問を行いました。
 このうち、新型コロナウイルス感染症に対する対応に関し、「コロナ禍にある経済対策について、必要とあらば、次年度以降に事業を先送りすることができるようにする当初予算の組み替え作業が必要になるのではないかと考えるが、所見を問う。」という質問に対し、丸山知事は、「新型コロナウイルス感染拡大防止対策と経済対策の両方を行う必要があるため、迅速に対応できる体制整備を行っている。また、必要性のある事業を除き、執行を一部停止し、経済対策を優先的に行うこととしているが、執行の留保の必要があれば、当初予算の組み替えを行っていく。」と回答していますが、これからも経済状況に応じた迅速な対策が必要となることが考えられるため、丸山知事におかれては、今後もスピード感をもって取り組んで戴きたいと思っているところです。
 今日は、午前中2名、午後から2名の議員が一般質問を行う予定となっています。

第472回島根県議会(令和2年6月定例会)

2020-06-11
 昨日から、第472回島根県議会(令和2年6月定例会)が(会期16日間:6月10日~6月25日)開会され、午前10時から初日の本会議が開会されました。
 この昨日の本会議では、会議録署名議員の指名、会期の決定、諸般の報告の後、本年3月26日に急逝された小沢秀多議員に対する追悼演説が行われました。あらためて、志半ばでお亡くなりになられました小沢秀多県議に対し、心よりお悔やみ申し上げます。
 その後、予算3件、条例案5件、一般事件案12件の計20件の知事提出議案が上程され、その議案の提案理由の説明に先立ち、知事の所信表明が行われました。
 この中で丸山知事は、新型コロナウイルス感染症対策や影響を受ける県経済を守る施策等やその他県政の課題等についての取り組みについても詳しく説明を行われましたが、特に新型コロナウイルス感染症対策や影響を受ける県経済を守る施策については、スピード感をもってしっかりと取り組んで戴きたいと思っています。
 また、昨日は、議員提出第3号議案、議会の議員の令和2年6月の期末手当を支給しないとする「議会に議員の期末手当の特例に関する条例」が上程され、直ちに表決が行われ、全会一致で可決成立されました。
 尚、今日・明日は県議会は休会となり、来週の15日(月)から再開される予定となっています。

WEB会議

2020-06-04
 昨日の6月3日は、午前中松江に移動し、県庁において土木部との協議等を行った後、午後から、全国合同漁業共済組の合理事会に出席しました。
 昨日の理事会は、新型コロナウイル感染防止のため、東京の本所と各事務所とをオンラインで結び、WEB会議で行われましたので、私は島根県事務所において、このWEB理事会に出席しました。
 このようなWEBでの会議は初めてでしたので、最初はやや戸惑いましたが、特に異常なく議事はスムーズに進行し、全ての議案は全会一致で承認され、今後、6月23日(火)に東京の本所会議室においてWEB形式・書面で開催される総代会に提案されることになります。
 尚、現在1都2府17県が合併し、全国合同漁業共済組合が構成されていますが、本年10月には、石川県が合併し、1都2府18県となり、石川県との合併後は共済金額は北海道を超える規模となる予定です。
 また、この合併により、今後より一層の危険分散による事業収支の安定及び運営コストの削減等が図られることとなりますので、島根県事務所としてもさらなる契約増を目指し、職員の皆さんと連携を密にしながら取り組んでいきたいと思っています。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

3
0
0
4
5
8
TOPへ戻る