本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

一般質問2日目

2021-06-17
 昨日の島根県議会は、一般質問2日目となる本会議が開会され、午前中2名、午後から2名の計4名の議員が質問を行いました。
 このうち飲食事業者の事業継続支援と課題に関し、「低迷し、厳しい状況の飲食業に対する給付金支給を歓迎するが、同様に苦しい状況にある事業体に酒造業と飲食店に納入する酒小売店があるが、救済の必要がないか伺う。」という質問に対し、知事は、
「新型コロナ感染拡大により、酒造業や酒販売店も厳しい状況にあるが、島根プレミアム商品券やGo To Eatキャンペーンしまねなどにより、約69億円相当の消費喚起があった。また、県内の宿泊施設において、地酒や県産品のプレゼントするなどし、間接的にではあるが、酒造業や酒納入業者の支援を引き続き行っていくが、依然厳しい状況にあることは理解している。」と回答していますが、島根県の財源には限りがあるため、今後も工夫しながら厳しい状況にある事業体に対し、何らかの支援を行って戴きたいと思っているところです。
 今日も島根県議会では、本会議が開会され、3名の議員が一般質問を行う予定となっています。

飲食店等事業継続特別給付金

2021-06-16
 島根県議会令和3年6月定例会は、6月8日(火)から始まっていますが、昨日の15日(火)は本会議が開会され、午前中2名、午後から2名の計4名の議員が一般質問を行いました。
 このうち、飲食店等事業継続特別給付金に関し、「資金繰りの支援と消費喚起を中心としたこれまでの経済対策から、今回飲食店等に対する給付金を予算化することした考えを問う。」という質問に対し、
 知事は、「感染拡大地域においては、飲食業においての感染リスクが高いとして、営業時間短縮等に応じた店舗に日額4~6万円が支払われている。しかし、感染が拡大していない島根のような地域では、飲食店での感染リスクが高いということから来客が減少し、大きな影響が出ているのにもかかわらず、政府からの支援がない状況であった。そのため、島根のような地域の飲食店に対しても、政府が支援すべきであるという考えから、持続化給付金の再支給を政府に要望してきたが、ようやく地方臨時交付金の特別枠が設けられたため、政府が幅広い業種に支給すべきという考えに変わりはないものの、その地方臨時交付金の特別枠の趣旨に鑑み、この度、飲食店に対し給付金を支給することとした。」と回答していますが、これからも引き続き、コロナ禍で大きな影響が出ている幅広い業種に対する支援を政府に対し強く要請をして戴きたいと思っているところです。
 今日も島根県議会では、本会議が開会され、4名の議員が一般質問を行う予定となっています。

2回目・解禁日

2021-06-01
 先週の金曜日、5月28日に、新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を受けてきました。
 この2回目のワクチン接種後は、1回目より強い副反応が出る可能性があるということなので心配していましたが、私の場合は、接種後翌日にやや頭が重い感じがし、また、接種後翌日及び翌々日に軽い下痢の症状が出たものの、発熱とか倦怠感等はありませんでした。
 また、接種部位の腕の痛みも翌日に多少あったものの1回目ほどではない等、心配していた思い副反応は出ずほっとしていますが、これからも引き続き基本的な感染防止にしっかりと取り組んでいきたいと思っているところです。 
 ところで、今日6月1日は、高津川のアユ漁の解禁日ですが、ここ近年アユの天然遡上数が少ないため、組合員の皆さんのご協力を得ながら、産卵親魚の保護に取り組んできているところです。
 この取り組みにより、少しずつではありますが、天然遡上数は増加傾向にありますが、今年は事前に調査では昨年よりかなり増加している可能性があるとの報告を受けていますので、今後の釣果に期待したいと思っています。

御田植式

2021-05-24
 昨日5月22(日)は、益田市白上町の水田で行われた「御田植式」に出席しました。
 この「御田植式」は、11月に宮中で営まれる「新嘗祭」に島根県を代表して献上するコメの田植えをおこなうもので、昨日はすばらしい青空の下、奉耕者の椋木浩二さんや松尾島根県副知事さん方とともに、五穀豊穣を祈りながら椋木さん所有の献穀田にコシヒカリの苗の田植えを行いました。
 この田植えは、慣れていないため大変でしたが、今後天候等に恵まれながら、しっかりと育っていくことを心より願っているところです。
 尚、昨日の「御田植式」のコシヒカリの苗は、無農薬で育てられてもので、今後収穫までも無農薬で栽培され、9月5日の稲を刈る「御抜穂式」を行い、10月下旬に約2キロの献納する予定となっています。

益田市と地元県議懇談会

2021-05-12
 5月7日に第1回目の新型コロナウイルスワクチン接種後、翌日に感じた接種部のかなりの痛みは、次の日には何事もなかったようにすっかり痛みは引きましたが、第2回目の接種後には1回目より重い痛みや発熱などの副反応が起きるケースが多いようですので、また28日の2回目接種後の状況については報告したいと思っています。
 さて、今日5月12日は、午前中、益田市役所で行われた「益田市と地元県議懇談会」に出席し、7月7日に行われる令和3年度の益田市から島根県に対する要望事項について説明を受けました。
 今回の島根県に対する要望は、重点用事項5項目、通常要望事項12項目の計17項目で、ほとんど継続の要望事項でしたが、新規重点要望事項として、「新型コロナウイルス感染症に係る対策について」、「益田道路の未着手区間(久城~高津間)の早期事業化について」が上げられています。
 この新要望事項のうち「益田道路の未着手区間(久城~高津間)の早期事業化について」は、久城ICから高津IC間は、高津IC付近交差点を中心に渋滞が度々発生していることや、現道の一般県道久城インター線は、高津川と益田川に挟まれ、両河川の浸水想定地域内にあることから、今後、県と密に連携しながら国に対し強く働きかけていくとともに、他の要望事項についても、実現に向けてしっかりと取り組んでいきたいと思っているところです。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

3
1
5
4
2
9
TOPへ戻る