ブログ

中島謙二の日記

 

副業・兼業

2018-02-27
昨日の島根県議会では、本会が開会され、議長から、平成30年2月23日から3月6日まで、地方自治法第152条第1項の規定により、溝口知事の職務を藤原副知事が代理することが報告された後、4名の議員が一般質問を行いました。
このうち、「働き方改革に関連し、副業・兼業について、国においてガイドラインが策定されたが、県としてはどのような課題があると考えているのか。」という質問に対し、藤原知事職務代理者は、「国が、平成29年3月に定めた働き改革実行計画には、副業・兼業を原則的に認め、普及・啓発を図ることとし、経済界や労働団体等へ意見聴取を行ったところ、労働時間の通算のあり方や労働保険の適用の問題等の多くの課題が指摘されている。また、平成30年1月に、国はガイドラインを示しているが、副業・兼業については、現状の考え方をまとめたもので、課題については今後検討されることとなっているため、県としては、今後の国の検討の経過を注視していく。」と回答しています。
今日も島根県議会では本会が開会され、3名の議員が一般質問を行う予定となっています。

森で海を救おう植林事業

2018-02-22
昨日は、午前中、益田市内のホテルにおいて開催された「漁業協同組合JFしまね益田支所座談会」に出席しました。
このJFしまね益田支所座談会には、本所から会長、常勤役員並びに参事、及び益田支所から私を含む運営委員と支所長が出席し、平成29年度の事業概況や来年度の国の水産関係予算の説明等が行われた後、意見交換を行いました。
その後、午後からは、益田市津田町内の山林で開催された「森で海を救おう植林事業」に参加しました。
この「森で海を救おう植林事業」は、豊かな森づくりを行うことにより海の環境を守っていくため、また山川海の連環による環境保全について広く市民にPRするため、漁業協同組合JFしまね益田支所と益田市とで構成される「益田市沿岸漁業振興協議会」が主催し、毎年この時期に開催されているものです。
昨日のこの「森で海を救おう植林事業」には、北仙道保育所の園児の皆さん、漁業者の皆さんや地元関係者の皆さん等、本当に多くの皆さんが参加された中、私も皆さんと一緒に、思っていた以上に硬い地面にやや苦戦しながら鍬で穴を掘り、クヌギの苗の植え付けを行いましたが、昨日植林したクヌギの苗が今後長い年月をかけて成長し、豊かな海づくりに貢献することを期待したいと思っているところです。

2月定例会

2018-02-20
昨日から、島根県議会平成30年2月定例会が、3月15日までの25日間の会期で開会されました。
昨日の2月定例会の初日は、午前10時から、本会議が開会され、予算案21件、条例案26件及び一般事件案6件の計53件の知事提出議案が上程された後、溝口知事から、施政方針並びに提案理由の説明が行われました。
この施政方針並びに提案理由の説明において、溝口知事は、提案した来年度当初予算の概要について、「来年度の予算編成に当たり、昨年10月に策定した『財政運営指針』の基づき、県の重要課題に積極的に対応するため、事務事業の見直しの徹底、行政の効率化・合理化の徹底、国の交付金などの財源の確保に努めたところである。これにより、来年度当初予算において、産業振興、子育て支援、中山間地域・離島対策など、『総合戦略』に基づく地方創生・人口減少対策に一層力を入れて進めることとしている。」と述べた後、最後に、溝口知事自身の健康問題について、「明日20日に上京し、虎の門病院に入院し、23日に食道がんの手術を行う予定であるので、手術を受ける2月23日から3月6日の間、県政に支障が生じないよう、藤原副知事を職務代理者とすることとしているが、その後の対応については、回復状況と議会審議等の状況を勘案して、判断したい。」と述べていますが、私としても、23日の手術が無事に終了し、そして早期の回復並びに知事としての職場復帰を心より願っています。
また、昨日は、本会議終了後、午後から、漁業協同組合JFしまねの理事会に出席した後、今定例会で行う予定にしている一問一答質問の打ち合わせ等を行いましたが、昨日で大きく3項目の質問について、内容がほぼ固まりましたので、これから最終的な質問原稿を作り上げていきたいと思っているところです。
今日は、午前10時から開会される島根県議会全員協議会に出席した後、午後から、益田に帰る予定にしています。

匹見支部

2018-02-18
昨日の17日(土)は、午前中、診療を行った後、午後から匹見に移動し、自民党匹見支部総会の懇親会に出席しました。
この匹見支部の総会には、昨年に続き2回目の出席となりますが、懇親会開始前に会場の「匹見峡温泉やすらぎの湯」の湯船につかり、のんびりした後、匹見支部の皆さんと様々な意見交換を行いました。
この中で、出席者の皆さんから、益田市の匹見総合支所の再編について意見が多く出されていましたが、その多くは、匹見総合支所の再編により支所機能が縮小されると、地元の意見や要望が充分に益田市に届かなくなるのではないかという心配をされているものでした。
そのため、この問題については、益田市の問題であり、県議としての私の立場としては直接的には関わっていない案件ではありますが、昨日聞いた意見を私の方からも益田市に伝え、今後の丁寧な対応について話しをしてみたいと思っているとともに、益田市議会文政会の市議さんにも地元の皆さんの心配の声を聞きながら、しっかりとした対応を益田市に対し要望してもらうようお願いしてみたいと思っています。
今日は、漁業協同組合JFしまね益田水産物卸売市場の仲買人組合の総会に出席し、明日から、島根県議会2月定例会が開会されるため、明日は、朝一番のJR特急で松江に向かう予定にしています。

漂着ゴミ

2018-02-15
 最近、朝がかなり冷え込むため、日課となっている早朝ウォーキングを控え、日中に行うことが増えています。
 そのため、自宅近くの海岸でウォーキングを行っていると、大量のハングル文字の書かれたペットボトル等の漂着ゴミが確認することができます。
 幸い、今年は油や破棄物の入っているポリタンクなどは漂着していないようですが、この大量の漂着ゴミには本当に困ったものです。何か有効な対策はないのだろうかと思っています。
 また、このような大量のハングル文字の入った漂着ゴミを見ていると、今日本海側の各地で北朝鮮の木造船が漂着していますが、益田市沿岸部においても 北朝鮮からの木造船も今後流れ着く可能性もあるのではないかと思っています。
 そのため、益田警察署沿岸協力会としても、今後も引き続き益田市沿岸の監視を強めていかなければならないと思っているところです。
 今日は、松江において質問の準備等を行い、明日の朝、益田に帰りたいと思っています。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

2
6
8
1
0
4