本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

新型コロナウイルス

2020-03-10
 昨日の島根県議会は、本会議が開会され、知事提出の追加議案が上程されました。
 昨日上程された追加議案は、予算案19件、条例案1件の計20件ですが、それらの議案のうち令和元年度補正予算案及び直轄特定漁港漁場整備事業に対する県の負担の変更についての2件については、実施日の関係で先議とされ評決が行われた結果、全会一致で可決成立しています。
 その後、3月18日の初日に上程された議案及び昨日上程された先議分を除く議案及び請願の委員会付託が行われ、昨日の議事日程は終了しました。
 ところで、全国各地で新型コロナウイルスの感染が拡大し、中国地方でも山口に続いて広島県でも感染が報告されましたが、じわじわと島根県にも迫ってきているような不気味な感じがしています。
 そのような中、昨日は朝一番のJR特急で松江に移動しましたが、車掌さんが来られたのでいつものように切符を見せようとしたところ、新型コロナウイルス感染防止のため、切符の検札は行わないと言われました。それを聞き、あらためて感染防止を徹底させなければならないと思ったところですが、出来れば何とかこのまま終息に向かってほしいものです…。
 今日の島根県議会では、各常任委員会が開会されますが、終了後益田に帰る予定にしています。

健康寿命

2020-03-04
 昨日の島根県議会では、一般質問の最終日となる本会議が開会され、午前中2名、午後から1名の計3名の議員が質問を行いました。
 このうち、在宅医療の充実に関連して、「高齢者がいつまでも健康に地域で暮らせる島根づくりについての知事の考えを問う。」という質問に対し、丸山知事は、「人生100年時代を迎え、県民誰もがいつまでもいきいきと暮らせる健康寿命を延ばすことが重要である。そのため県では健康長寿推進本部を設置し、健康寿命を延ばしていくため、高齢者の皆さんが地域活動を行い、また豊富な知識を生かしながら学びの充実などにつなげていくなど、生涯現役の気運を醸成していくことに取り組み、健康長寿日本一を目指し、市町村とも協力しながら地域で安心して暮らせる地域づくりを目指していく。」と回答しています。
 今日の島根県議会は、本会議が開会され、一問一答質問が行われる予定となっています。

ストック効果

2020-03-03
 昨日の島根県議会は、本会議が開会され、午前中2名、午後から1名の計3名の議員が一般質問を行いました。
 このうち、高速道路整備に関連して、「これまでの高速道路整備でもたされた本県における具体的なストック効果、及び高速道路の開通によるストック効果を最大限発揮させるための官民挙げて工夫について」問う質問に対して、土木部長は、「県内に進出、増設を行った137社のうち9割は高速道路周辺に立地、江津工業団地の新たな用地造成や大田工業団地での分譲率が9割を超えたことなどは、ストック効果があったものと考えられる。また、県西部から下関までの観光地を巡るモバイルスタンプラリーや、首都圏の企業に対する石見地域視察ツアーを行っている県商工労働部と国土交通省中国地方整備局とが連携し、そのツアーに建設中の高速度の視察を加えるなど、高速道路の開通後のストック効果が最大限発揮出来るよう今後も取り組んでいく。」と土木部長は回答していますが、益田圏域にとっても、今後の山陰道益田~萩間の整備に伴うストック効果を大いに期待したいと思っているところです。
 今日の島県議会は、一般質問最終日の本会議が開会され、3名の議員が質問を行う予定となっています。

一般質問

2020-02-28
 昨日の島根県議会は、一昨日に引き続き本会議が開会され、午前中2名、午後から2名の計4名の議員が一般質問を行いました。
 このうち、「島根創生に向かう知事の覚悟、不退転の決意を改めて問う。」という質問に対し、知事は、「人口減少に歯止めをかけることを最大の公約として知事に就任した。そのため、その実現のために島根創生を進める具体的な施策を県民に提案するとともに、そのための財源確保のため、スクラップ・アンド・ビルドを実行し、議論を戴いているところである。その中で様々な賛否の意見を戴いているが、今後も施策の優先順位をつけながら、人口減少に対しあきらめることなく、また様々な意見を賜りながら具体的に取り組んで行く。」と回答していますが、一昨日の代表質問及び昨日の一般質問に対する知事をはじめとする執行部の答弁は、かなり丁寧に行っているように感じています。
 丸山知事におかれては、今後も、この姿勢を持ち続け、そして、粘り強く多くの皆さんの賛同を得ながら県政運営を行って戴きたいと思っているところです。 
 今日も島根県議会では、本会議が開会され、3名の議員が一般質問を行う予定となっていますが、明日開催予定であった自民党県連大会が延期となったため、今日の一般質問終了後益田に帰りたいと思っています。

代表質問

2020-02-27
 昨日の島根県議会(令和2年2月定例会)は、質問の初日となる本会議が開会され、午前中、自民党議員連盟、午後から他の2会派の代表質問が行われました。
 このうち、自民党議員連盟の代表質問における「就任1年を迎えるにあたり、知事は島根県の現状と課題をどう把握・認識しているのか。」、また、「知事の令和2年度の県政運営にかける抱負を問う。」という質問に対し、丸山知事は、「知事就任以来、出来るだけ現場に足を運び、島根県内各地域の現状について様々な話を聞いてきた。その中で、中山間・離島地域では、若者が流出するなどにより人口が減少し、地域コミュニティの維持が困難になっていることや、農林水産業の後継者不足など非常に厳しい状況となっていることなどから、島根県が抱える最重要課題は人口減少対策であるため、今後2035年に合計特殊出生率2.07を目指し、具体的に対処していく必要がある。今後『人口減少に打ち勝ち、笑顔で暮らせる島根」に向けて、『島根創生計画』に基づ各分野の人口減少対策を自分ば中心となり、県職員と一丸になって取り組んで行く。」と回答しています。
 今日も島根県議会では本会議が開会され、4名の議員が一般質問を行う予定となっています。
 

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

3
0
0
4
5
7
TOPへ戻る