本文へ移動

ブログ

中島謙二の日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

教職員の働き方改革

2019-02-27
 昨日は、一昨日に引き続き、文教厚生委員会が行われ、一昨日に終了出来なかった教育員会の報告事項についての説明が行われました。
 このうち、「教職員の働き方改革プラン」(案)について、執行部から、このプランは、長時間勤務の是正、ワーク・ライフ・バランスの適正化、プランに向けた職場環境の確保を基本方針とし、①月あたりの時間外勤務の時間の上限の目安は原則月45時間(原則年360時間以内)、②年次有給休暇取得日数を全ての教職員年5日以上取得、全校種の平均13日以上に取得、③ワーク・ライフ・バランスがとれていると感じる教職員の割合90%以上の数値目標を立て、2019年~2021年の3年間を重点期間としてプランの達成に取り組むと説明が行われましたが、今後、県教育委員会、市町村教育委員会等の関係者との連携を密にしながら、目標達成向けて様々な取り組みを行って戴きたいと思っています。
 今日は、午前中、地方創生・行財政改革調査特別委員会が開会される予定となっていますが、終了後、午後から、益田に帰りたいと思っています。

保険者機能強化推進交付金

2019-02-26
 昨日の島根県議会では、各常任員会が開会され、それぞれの常任委員会に付託された議案等の審査及び調査が行われました。
 私が委員長を務めている文教厚生委員会では、健康福祉部・病院局、教育員会の順でそれぞれの所管事項の調査及び審査を行いましたが、昨日は、教育員会の所管事項については全て終了することが出来ず、今日残りの事項について審査及び調査を行うこととなっています。
 このうち昨日の健康福祉部の所管事項において、「平成30年度保険者機能強化推進交付金」について、執行部から報告が行われましたが、この「保険者機能強化推進交付金」とは、平成29年地域包括ケア強化法において、高齢者の自立支援・重度防止等に向けた保険者(市町村)の取組や都道府県による保険者支援の取組が全国で実施されるようPCDAサイクルによる取組が強化されることになったことに伴い、自治体への財政的インセンティブとして、市町村や都道府県の様々な取組の達成状況を評価できるよう客観的な指標を設定し、市町村や都道府県に高齢者の自立支援・重度防止等に関する取組を推進するために新たに創設された交付金で、市町村分については、地域支援事業、市町村特別給付、保健福祉事業の充実に活用されることになっています。
 しかし、県内の市町村毎に達成状況に差があるため、今後各市町村毎の取組をさらに推進するとともに、県としても各市町村毎に出来るだけ多くの項目を達成できるよう支援していく必要がありますが、あらためて少子高齢化に伴う財政的な厳しさを実感させられたところです。
 今日は、昨日に引き続き、文教厚生委員会が行われる予定となっていますが、午前中には終了出来るのではないかと思っています。

質問終了

2019-02-21
 昨日の島根県議会では、引き続き本会議が開会され、午前中3名、午後から1名の計4名の議員が一問一答質問を行いました。
 この昨日の一問一答質問により、2月定例会の質問戦は全て終了しました。
 その後、昨日は、広報委員会が開会され、新聞広報「しまね県議会だより」(2月定例会分)等について協議等を行いました。
 この今任期最後となる新聞広報「しまね県議会だより」(2月定例会分)は、3月17日(日)に山陰中央新報に掲載される予定となっていますが、毎議会後のテレビハイライトは、公選法の関係で放送しないこととなっています。
 ところで、昨日で溝口知事の島根県議会での質問に対する回答は、全て終了したことになりますが、溝口知事におかれては、この12年間の全ての質問に対し、丁寧にご回答戴きました。本当にご苦労様でした。あらためて御礼申し上げますとともに、まだ任期は残っておりますが、ご退任後も故郷島根県のために、今後も何らかの形でご尽力賜りたいと思っているところです。
 今日の島根県議会では、午前中、本会議が開会され、追加の知事提出議案の上程等が行われる予定となっていますが、午後からは要望活動に同行した後、益田に帰る予定にしています。

高齢者運転講習

2019-02-20
 昨日の島根県議会では、本会議が開会され、午前中3名、午後から2名の計5名の議員が一問一答質問を行いました。 
 このうち、「自動車運転免許の高齢者講習について」の質問において、警察本部長は、「県内の70歳以上の高齢者の運転免許保持者数及び保持率は、83,042人、18.1%であり、このうち75歳以上は44,130人、9,6%であるが、全国平均に比べ3~4ポイント高い状況である。高齢者の免許更新時の運転講習は、事故防止に有効であるため、指定自動車教習所や島根県運転免許センターにおいて予約制で行っているが、今後は島根県運転免許センターに専門員を配置し、高齢者が誰でも高齢者運転講習が受けられるようにしていく。」と回答しています。
 今日も島根県議会では本会議が開会され、4名の議員が2月定例会の質問の最後となる一問一答質問を行う予定となっています。

勇退

2019-02-19
 痛風による左足の痛みと腫れが治らない中、昨日は朝一番のJR特急で松江に移動しましたが、今暫く痛風との付き合いが続く感じがしますので、次に益田に帰る21日(木)までには少しでも回復するよう、出来るだけ安静に務めたいと思っています。
 さて、昨日の島根県議会では、本会議が開会され、午前中2名、午後から2名の計4名の議員が一般質問を行いました。 
 このうち、「勇退に当たっての、島根の将来に対する思いと、県民に対するメッセージ」を問う質問に対し、知事は、「島根県は、若者が進学や就職等で県外への転出する等により、人口減少、少子化が進んでいる。それらを短期的に解決することは難しいが、島根には、豊かな自然、古き良き文化・歴史や温かく勤勉な県民性等多くの強みを持っているので、今後もその強みを活かし、この島根に住み続けていく社会を作っていく必要があると考えている。」と回答しています。
 また、「広報部が果たしてきた対外的なPRに関する成果をどう総括しているか。」という質問に対し、知事は、「広報部が行う島根県の姿を外へ伝えていくことは大事である。また、国の各省庁は国民全体を考えるが、個別のことに関してはなかなか入っていけない中においては、島根を我々がPRしていく必要がある。こうした島根のプラスのイメージを幅広い分野に波及させていくことが重要であるため広報部を設置した。このことにより、県内外へのPRが強化されつつあるが、今後もさらに発信力を強化していく必要があると考えている。」と回答しています。
 今日の島根県議会は、本会議が開会され、一問一答質問が行わる予定となっています。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

2
8
3
9
8
7
TOPへ戻る