ブログ

中島謙二の日記

 

安全推進大会

2018-01-27
 昨日は、午後1時半から、市内の建設会社の安全推進大会に出席しました。
 この安全推進大会では、来賓として、益田労働監督署の署長さんも出席されておられ、署長さんは来賓挨拶の中で、「島根県の平成29年(平成30年1月10日現在)における建設業の労働災害は、皆さんの取り組みにより減少しているが、島根県の全産業では、対前年に対し8.4%増加している。この増加率は全国のワースト5に入る数字であるため、今後、島根労働局としても取り組みを強化していくけれども、皆さんにおかれては引き続き労働災害が発生することのないよう取り組んで戴きたい。」と述べておられましたが、労働災害を防ぐために、日頃から一人一人が安全への意識を持ち、充分な準備を心がけて戴きたいと思います。
 また、ここのところ厳しい寒さが続いていることに加え、年度末に向けて忙しくなると思いますが、今後も引き続き充分注意をしながら、無事故・無災害で今年度を終えることを願っているところです。
 今日は、午前中、診療を行い、夕方からは、益田東高校出身のJFE西日本野球部山下教之監督の激励会に出席する予定にしています。

漁場検討部会

2018-01-26
  昨日は、午後1時半から、高津川漁業協同組合の漁場対策部会を開催しました。
この漁場対策部会は、高津川漁協理事会の部会の一つで、組合長の私から漁場に関する重要事項等について、諮問し検討して戴くもので、この部会の協議を受け理事会で協議し、諮問事項について決定を行うことにしています。
 そのため昨日の漁場対策部会では、協議を始める前に、島根県水産技術センターより、高津川のアユ資源の状況等について説明を行って戴いた後、①全面禁漁の前倒し、②過剰漁獲時の生産調整、③竿釣・網漁の解禁日、について諮問し協議して戴きました。
 そのうち、全面禁漁の前倒しについては、本年も資源保護のため昨年と同様に全面禁漁を前倒し、10月1日とするよう部会では決定しましたが、今後、昨日の漁場対策部会で諮問したそれぞれの事項の協議経過及び結果を理事会に報告し、あらためて理事会において最終決定していきたいと思っています。
 ところで、昨日から、東京の日比谷公園にある市政会館に、島根県の竹島と沖縄県の尖閣諸島の関連資料を展示する「領土・主権展示館」がオープンしました。
 この竹島関連資料の東京での展示については、以前私も島根県議会で取り上げたことがありますが、ようやく常設展示施設が東京において設置されたこことは、島根にとって大変意義のあるものであり、私としても大変嬉しく思っています。
 今後、「領土・主権展示館」に多くの皆さんが来館され、我が国の領土である竹島の領土権問題が広く内外に発信されていくことを期待したいと思っているところです。
 今日は、午後から、市内の建設会社の安全大会に出席後、夕方からは、支持者の会に出席する予定にしています。

完済見込み

2018-01-25
 昨日から西日本の上空に流れ込んだ寒気の影響で、県内各地で気温が一気に下がり、県内全域で氷点下となりましたが、今朝は昨日ほどではないものの暫く寒さが続くようです。また、益田市内では、インフルエンザが大流行し、市内小中学校では学級閉鎖が相次いでいるようですので、風邪やインフルエンザにかかからないように、うがいや手洗いを励行しながら、この寒さを乗り切っていきたいと思っています。
 さて、一昨日の23日(火)は、(株)益田市総合サービスの取締役会を開催し、平成29年度第3四半期の事業状況等について、協議等を行いましたが、事業状況は順調に推移しているため、平成29年度の決算は黒字となる予想をしていますので、、益田市の債務保証を受け15年間返済を続けてきた金融機関からの借入金の返済が無事終了することができそうです。
 この(株)益田市総合サービスは、前身の(株)益田特産品センターの負債を引き継ぎ、新たな会社として平成15年に定款を変更しスタートし、この15年間には経営的に苦しい時期もありましたが、役職員一丸となって取り組んできた結果、他の第3セクターのように新たな負債を抱えることなく、また益田市や金融機関に迷惑等をかけることなく負債を解消できる見込みとなり、正直言ってまずはほっとしています。
 しかし一方で、市議会の中には借入金の返済後の経営について指摘される方がおられるようで、私としては困惑していますが、例え第3セクターといえども株式会社ですので、今後の経営戦略等についても、取締役会でしっかり協議しながら、株主総会で決定していきたいと思っています。
 また、昨日は午後から、漁業協同組合JFしまね益田支所運営委員会及び平成29年度益田地区組合員資格審査委員会を開催しました。
 このうち益田支所運営委員会では、平成29年12月末の事業状況等について報告が行われましたが、人員を減らすなど経費の削減に努めているにも関わらず、依然として益田支所の損益は厳しい状況が続いています。そのため、今後の両模様にもよりますが、更なる経費削減に努めながら、益田支所の市場の取扱高が少しでも増加していくような取組みを行っていかなければならないと思っているところです。
 今日は、午後から、高津川漁業協同組合の漁場対策部会に出席する予定にしています。

日帰り

2018-01-23
  一昨日の1月21日(日)は、午前中、葬儀に出席し、午後から、松江に移動し、全国合同漁業共済組合島根県事務所で協議等を行い、昨日は、午前9時七類港発のフェリーで西郷に行き、まき網関係の漁業共済の推進等を行い、午後3時40分発のフェリーで再び七類港に戻った後、松江駅からJR特急で益田に帰ってきました。
さすがに日帰りの隠岐往復でしたので疲れましたが、今日から時化のためフェリーはしばらく欠航のようですので、多少無理をしてでも日帰りしたことは、大正解だったと思っています。
 ところで、現在益田市には様々な課題があるため、私も協力しながら益田市としてそれらの課題に取り組んで戴いていますが、一方で、国、県、そして市も財政が非常に厳しいため、様々な事業等に関し、選択と集中を行いながら取り組んでいかねければならない状況にあります。
 そのため、今何が優先されるのか、よく考え取り組んでいく必要があります。しかし、そのような中、例えば萩・石見空港の東京線2便化継続に向けて益田市を挙げて取り組む必要があるのにも関わらず、水を差すような動きや、また、今急いで取り組む必要のない事業を求める動きをされる一部の方がおられなど、本当に理解に苦しんでいますが、私としては、今後も優先的な事業を見定め、益田市や関係の皆さんと協力しながら、それらの事業が着実に進捗していくよう努力していきたいと思っているところです。

島根県水産技術センター漁海況・研究成果発表会(石見地区)

2018-01-19
 昨日は、午後1時半から協同組合益田卸売センター2F大会議室で開催された、「島根県水産技術センター漁海況・研究成果発表会(石見地区)」に出席しました。
 この昨日の漁海況・研究成果発表会では、(1)研究成果発表(①島根県で発生した有害赤潮について、②島根県沿岸の藻場・磯焼けの現状と取り組み)、(2)漁海況報告(①島根県近海の海況について、②主要浮魚類《マアジ・ブリ・サワラ》の資源動向、③イカ類《ケンサキイカ・スルメイカ》の資源動向)、(3)その他(①益田工区での漁礁設置について、②浜田海上保安部による海難防止講習)の順番で順次発表等が行われました。
 このうち、私は次の予定が入っていたため、(1)の研究成果発表にのみ出席させて戴きましたが、普段は「トビウオ通信」の文書で見るだけで、直接スライド等を見ながら説明を受けることはほとんどなかったので、今回の「島根県水産技術センター漁海況・研究成果発表会(石見地区)」は、大変有意義な取組みであるとともに、漁民の皆さんにとっても漁海況等が非常に分かり易く理解できたのではないかと思っています。
 今後は、島根県におかれては、漁民のみならず多くの県民の皆さんに、水産に対する理解を深めて戴くような更なる取り組みを図って戴きたいと思っているところです。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25

中島謙二事務所
TEL.0856‐23‐0888
FAX.0856ー23ー0906


 

2
6
8
1
0
4