島根県議会議員 中島謙二のホームページへようこそ!|島根県|益田市|

 

ブログ

 

中島謙二の日記

中島謙二の日記
フォーム
 
働き方改革
2017-09-21
 昨日の島根県議会は、一般質問の最終日となる本会議が開会され、午前中2名、午後から1名の計3名の議員が質問を行いました。
このうち、「国の働き方改革や関連する制度の見直しについて、知事の所見を問う。」という質問に対し、知事は、「政府においては、非正規職員の処遇改善、若者の働きやすい環境整備等を法律で定め、働き方改革を進めようとしている。今後、政府においては、様々な視点を持ち、現実の変化を捉え、望ましい働き方改革となるよう、しっかりと取り組んで戴きたいと思っている。」と回答しています。
 今日の島根県議会は、昨日に引き続き本会議が開会され、一問一答質問が行われる予定となっていますが、私は今日の一番目に質問を行う予定にしています。
 ところで、国においては、解散風が吹き荒れ、選挙モードに一気に突入していますが、この島根2区においても、今日の新聞の報道では新たな立候補予定者の名前が出るなど、総選挙が近づいて来たことを実感しています。
そのため、私としてもこれから準備を急ぎ、勝利に向けて自民党益田支部の皆さんや支援者の皆さんと協力しながら、全力で頑張っていきたいと思っているところです。
 
60歳定年制
2017-09-20
 昨日の島根県議会は、一般質問の3日目となる本会議が開会され、午前中2名、午後から1名の計3名の議員が質問を行いました。。
このうち、「高齢者の社会参加促進に関連し、60歳定年制について、所見を問う。」という質問に対し、知事は、「現行の定年制度は、平成16年の制定された高齢者雇用制度により、65歳までの定年延長、65歳までの継続雇用、定年制の廃止のうち、平成30年までの猶予措置が取られる中、どれかを選択することになっているが、多くの企業は65歳までの継続雇用を選択している。しかし、島根県の企業においては、従業員の高齢化が進み、人材不足が起こっているため、年金制度、健康管理や人事管理の問題があるものの、今後、まずは、65歳以上の高齢者が働きやすい環境整備を図っていきたい。」と回答していますが、今後、「健康長寿日本一」を目指す島根県として、65歳以上の高齢者の社会参加促進を、全国のトップランナーとして、積極的に取組んで戴きたいと思っているところです。
 今日は、一般質問最終日となる本会議が開会され、3名の議員が一般質問を行う予定となっています。
 
教職員の人事権移譲
2017-09-15
 昨日の島根県議会は、本会議が開会され、午前中2名、午後から2名の計4名の議員が一般質問を行いました。。
 このうち、「教職員の人事権の移譲について、知事の所見を問う。」という質問に対し、知事は、「公立小中学校の人事権については、法律により、都道府県教育委員会が担うこととなっている。そのため、学級編成基準、教職員定数の決定、教職員の給与の支払い及び教職員に対する任命権は県が持つこととなる。また、人事権の移譲については、有能な教職員の安定的な確保や広域的に教育水準を確保する必要があるため、広域的な人事調整への配慮や小規模市町村の理解を得ることが前提となっている。従って、教職員の人事権移譲については、県内の市町村の意見を聞き、慎重に判断する必要があるものと考えている。」と回答していますが、松江市以外の市町村は、松江市への教職員の人事権移譲を反対している状況にあることから、出来るだけ早く教職員の人事権の松江市への移譲については、困難であることを明確にすべきではないかと思っています。
 また、昨日は、昼の議会休憩時間に、島根県議会私学振興議員懇話会の総会が開会され、島根県私学団体から状況報告・要望事項の説明の後、意見交換を行いました。
 その意見交換においては、主として、来年度の高校定員に関する事項が中心となっていましたが、これは、来年度の高校定員の議論の過程について、いかに私学側が納得していないかを如実に表しているものと考えられるため、来年度から行われる新ルールの話し合いにおいては、公私双方が充分議論を尽くしていけるよう、私としても努力していきたいと思っているところです。
 
代表質問
2017-09-14
 島根県議会平成29年9月定例会は、昨日、本会議が開会され、午前中、自民党議連、午後から、民主県民クラブの代表質問が行われました。
このうち、「新たな『財政運営の指針』の策定に向け、どのような姿勢・スタンス及び方向で臨むのか。」という質問に対し、知事は、「これまでの財政健全化の取組みにより、目標に達成し得る状況となったが、県の財政基盤は脆弱で、歳出面では弾力性に乏しく、さらに県債残高も高い水準にあることから、依然として県の財政は厳しい状況にあると考えている。また、国の地方財政に対する対策は不透明なことから、将来的に安定した収支均衡を図っていかなければならないと考えている。」と回答しています。
 また、「県として、国保の都道府県化について、どういったスタンスで臨むのか。」という質問に対し、知事は、「国保は、現在市町村単位で運営されているが、高齢化等に伴い運営が厳しくなっているため、来年度より県全体で、国から3,400億円の財政支援を受け対処することになっている。しかし、加入者の所得が低いことなどから、保険料の負担が高く、市町村によりばらつきがあるため、今後、医療費の適正化を図りながら、将来的に安定して維持していけるよう国に対し3,400億円の財政支援に加え更なる支援を求めていく。」と回答していますが、県県内の市町村によっては、国保の統合により保険料が高くなるケースがあるため、激変緩和措置等をとりながら、県内各市町村の負担金の平準化を図って戴きたいと思っているところです。
 今日の島根県議会は、昨日に引き続き本会議が開会され、4名の議員が一般質問を行う予定となっています。
 
体育祭
2017-09-10
 昨日は、午前9時半から行われた、母校の益田市立高津中学校の平成29年度体育祭に出席しました。
 昨日は、本当に素晴らしい秋晴れとなり、多くの保護者さん方も来場され、生徒の皆さんが行う競技等に声援を送るなど、大変盛大な体育祭になったように思っています。
 しかし、昨年までは、赤、青、黄組のそれぞれの陣地にアーチが作られていましたが、今年からは、安全面からなんでしょうか、布に描かれたそれぞれの絵がフェンスに張られていましたので、何だか寂しい感じを持つとともに、時代の流れをあらためて感じたところです。
 
 

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25 中島謙二事務所
TEL.0856-23-0888
FAX.0856-23-0906
----------------------------

 

<<中島謙二事務所>> 〒698-0041 島根県益田市高津8-6-25 TEL:0856-23-0888 FAX:0856-23-0906