島根県議会議員 中島謙二のホームページへようこそ!|島根県|益田市|

 

ブログ

 

中島謙二の日記

中島謙二の日記
フォーム
 
謹賀新年
2010-01-01
 あけましておめでとうございます。
 皆様におかれましては、お健やかな新年をお迎えのことと存じます。
 この新しい年がよき年でありますよう、お祈り申し上げますとともに、本年も昨年と変わりませず宜しくお願いいたします。
 
仕事納め
2009-12-30
 今朝は、久しぶりにJFしまね益田の競りに行ってきました。魚の荷下ろし等、やる気の出で立ちで行きましたが、今までの年末の競りに比べ余り忙しくないようで、結局手伝わずに帰ってきました。
 その後、本日は夕方まで業務を行いますが一応年末の仕事納め日ということで、JFしまね益田支所の職員の皆さんに本年の仕事納めの挨拶を行ってきました。
 また、私も本日で仕事納めとし、ブログも本年最後となります。来年は出来るだけ早くブログを再開しようと思っていますので、宜しくお願い致します。
 ところで、皆さんにとって本年はどんな1年だったでしょうか?私にとっては、本当に変化の多い年であったように思います。来年が、今年の漢字に選ばれた「新」のように、私たちにとって新しい希望のある1年となるよう期待したいと思います。新しくなったことによりさらに厳しい世の中になっては意味がありません。微力ながら私も新しい時代に向け、しっかりと一生懸命取り組んでいきたいと思っています。
 皆様、どうかいい年をお迎え下さい。また来年も宜しくお願いいたします。
 
 
 
ラスパイレス指数
2009-12-29
 今日は、これから暫く正月休みに入るため暫く診療しませんので、朝以前より歯根から膿をもって腫れている患者さんを診療した後、事務所で今年の議会資料や正月を迎えるため事務所内の整理・整頓を行っています。
 ところで、先日平成21年地方公務員給与実態調査に係る平成21年4月1日現在一般行政職のラスパイレス指数が公表されています。
 それによると、県内市町村のラスパイレス指数は、県内市平均:97.4、県内町村平均:93.5といずれも全国平均(全国市平均:98.4、全国町村:94.6)を下回る水準となっています。
 また平均給料月額は、県内市平均:335,070円(平均年齢43.0)、県内町村平均:316,861円(平均年齢42.7)となっています。
 このように全国平均を下回っているのは、各市町村が財政難等を理由として時限的に実施している給料の減額及び手当の減額や、職員の削減を行っている等によるものと考えられますが、これからこの県内市町村のラスパイレス指数がどんどん下がり続けることになれば、地域経済に影響が出てくるのではないかと懸念しているところです。
 新政府は、来年の通常国会に景気対策補正予算案を提案される予定と聞いていますが、本来なら年内に補正予算を成立させ実施した方が好ましかったと私は思いますが、いずれにしても来年の景気対策補正予算により少しでも景気が回復することを期待しています。

  *ラスパイレス指数
    地方公共団体の構成(学歴、経験年数別構成)が国の構成と同一であると仮定し、
       国家公務員の平均給料を100として算定する地方公務員の平均給料額の指数
 
 
あいさつ状の禁止
2009-12-28
 いよいよ今年も今日を入れて残り4日となり、今日で仕事納めのところが多いと思います。私の歯科医院も今日午前中今年最後の診療を行ったところです。また事務所も今日で仕事納めにする予定ですが、漁協の競りが30日まで行われるので、私は30日の午前中まで仕事をしようと思っています。
 ところで、皆さん親しい方々に年賀状を送られると思いますが、公職選挙法第147条の2により、我々政治家(公職の候補者、公職の候補者になろうとする者、現在公職にある者)は、その選挙区内にある者に対して、年賀状などのあいさつ状を出すことが常時禁止されているため、県議会議員に立候補を表明した平成19年の正月より年賀状を選挙区内である益田市の方々には出さないようにしています。
 従って来年の正月も、このブログ状で新年のごあいさつを行いたいと思っています。
 しかし、この年賀状などのあいさつ状の禁止については、まだまだ多くの方々に周知されていないようで、時々なぜ年賀状を出さないのか問われることがありますが、どうか皆様ご理解賜りますよう宜しくお願い致します。
 また年明けに年頭のあいさつを兼ねた後援会報等を送ることは、公職選挙法上可能と考えられますが、その場合正月を過ぎた後出すことが望ましいと私は考えていますので、正月には後援会報等も出さないこととしていますので、併せてご理解戴きますようお願い致します。
 
 
 
 
一般会計予算
2009-12-26
 昨日政府は、2010年度の予算案、92兆2992億円(09年度当初予算比4.2%増)を決定しています。
 この予算総額は、2年連続で過去最大を更新し、マニフェスト関連施策関係の歳出が膨らむ一方、経済危機による税収減のため新規国債発行額も44兆300億円(33.1%増)と過去最大となっています。
 政府は、「コンクリートから人へ」というスローガンを掲げ、公共事業を削減し、子ども手当や農業者戸別所得保障制度等を導入していますが、今回の予算には編成に余り時間がなかったせいか、日本経済の将来ビジョンが示されてないように思います。
 今朝のワイドショーを見ていると、政府関係者は「国の借金が多いのは、前政権がつくったものだ」と発言していましたが、確かにその通りのところもありますが、この状態を立て直すために政権を取った訳ですから、過去のことばかりではなく、そろそろ政府与党がこの状態を脱却させるための明確な方針を示して欲しいものです。
 いずれにしても、新政府による新年度の予算により、出来るだけ早期に日本の景気が回復することを期待したいと思っています。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25 中島謙二事務所
TEL.0856-23-0888
FAX.0856-23-0906
----------------------------

 

<<中島謙二事務所>> 〒698-0041 島根県益田市高津8-6-25 TEL:0856-23-0888 FAX:0856-23-0906