島根県議会議員 中島謙二のホームページへようこそ!|島根県|益田市|

 

ブログ

 

中島謙二の日記

中島謙二の日記
フォーム
 
アユの状況
2017-06-26
 昨日の6月25日(日)は、午前中、議会中のためたまっている書類等の決済と、アユの漁獲状況等を確認するため、高津川漁業協同組合に行って来ました。
 職員からの説明によると、アユの漁協での取り扱いは、昨年よりかなりいいとのことでしたので、ややほっとしています。
 しかし、昨年は今までの中で最低であったわけですから、昨年よりかなりいいとはいえ、心の底から安心できる状況とは思っていません。
 そのため、今後の状況を注視しながら、来年に向けてのアユ資源の増殖対策について、しっかりと議論しながら取り組んでいきたいと思っているところです。
 
島根大学医学部
2017-06-22
 昨日は、島根県議会平成29年6月定例会の一般質問初日となる本会議が開会され、4名の議員が質問を行いました。
 このうち、島根大学医学部との関わりに関して、「島根大学医学部の『建学の精神』について、設立当時の社会背景や開学に至った経緯などと合わせて問う。」という質問に対し、知事は、「日本においては、昭和30年代からの高度成長の中、医療技術が進歩し、また、昭和36年からの国民皆保険制度開始から受信者数が大幅に増加した等により、全国で医師不足が問題となったため、昭和45年に、昭和60年までに人口10万人に対し、少なくとも150人程度(当時104.7人)の医師を確保することとし、戦後初めて4つの医学部を設置した。その後、昭和48年には、国が無医大県の解消を目指し、一県一医大を決め、地域医療の向上に寄与する等の建学の精神のもと、昭和50年1月に島根医科大学が開学し、平成15年に島根大学と合併し、今の島根大学医学部となっている。」と回答しています。
 また、「地域医療の確保・充実のためには、島根大学医学部に何を期待し、医学部の姿は本来どうあるべきと考えているのか。」という質問に対し、知事は、「県内唯一の医師育成機関である島根大学医学部は、地域医療の向上に寄与するとともに、県内の医療の中心となることを期待している。特に、初期臨床研修制度が始まった平成16年には、県外で研修を行う若手医師が増加し、また、県外大学の医師の引き上げなどにより、県内の医師不足が顕著となったため、島根大学医学部への期待は大きいものがある。そのため、これからも引き続き島根大学医学部に対し、県内への医師の派遣を強く求めていきたい。」と回答していますが、現在、地域枠推薦制度などの効果により、徐々に改善しつつありますが、島根大学医学部におかれては、今後も引き続き、医師不足や医師の偏在解消等のために、さらなるご尽力・ご協力を賜りたいと思っているところです。
 
島根益田信用組合総代会
2017-06-20
 今日は、午前10時から、益田商工会議所3階大会議室において、「島根益田信用組合第66期通常総代会」が開催されました。
 この島根益田信用組合の総代会では、第66期計算書類等承認の件、平成28年度剰余金処分案承認の件、平成29年度事業計画並びに収支予算案承認の件や理事及び監事の任期満了による改選等の議案が上程され、全ての議案は承認されました。
 また、理事及び監事の承認の後、直ちに新役員による理事会が行われ、竹本義正常務理事が新しい理事長に決定し、今後、竹本新理事長のもと、島根益田信用組合の経営が行われることになりますが、私もこの度理事に再任されましたので、金融機関の取り巻く環境は厳しい状況が続いている中においても、益田市に本店がある唯一の金融機関として、また、地域に密着し地域の発展に寄与する金融機関として、その役割を充分に果たしていけるよう、しっかりと取組んでいきたいと思っているところです。
 
2便化継続
2017-06-17
 私の政務活動費の支出に関し、皆様方には大変ご迷惑並びにご心配をお掛け致しましたことに対し、心よりお詫び申し上げます。また、今後疑念を持たれることのないよう、より厳格な政務活動費の支出を行い、信頼回復に努めますとともに、ご支持・ご支援戴いております皆様の負託に応えられる様、全力で取り組んで参りますので、どうかこれからも引き続き宜しくお願い致します。
 さて、島根県議会では、平成29年6月定例会が6月14日(水)~7月7日(金)(会期24日間)の日程で開会され、初日の6月14日は本会議が開会され、諸般の報告等の後、知事提出議案が上程されました。
 この度上程された知事提出議案は、予算案4件、条例案9件、一般事件案11件の計24件となっていますが、諸議案の説明に先立ち、知事から所信表明が行われました。
 この中で、溝口知事は、萩・石見空港に関し、「萩・石見空港の東京線については、来年4月以降の2便化継続に向けて、①首都圏からの個人・団体客の誘客強化に加え、②農林水産品の販路開拓や移住体験ツアー等、政策課題への取組みによる利用促進などにより、利用実績のさらなる拡大を目指す緊急対策を実施する考えである。今後も、地元協議会や航空会社と連携して、関係部局が一体となって利用促進に努め、2便運航の継続に向けて全力で取り組んでいく。」と述べていますが、今、東京路線2便運航継続に向けて全力で取りくまなければならない、正に正念場と言っても過言ではないように思っています。
 そのため、私としても機会あるごとに萩・石見空港の利用を呼びかけるとともに、関係の皆さんとの連携をさらに一層密にし、萩・石見空港の東京路線2便化継続に向けてしっかりと取組んでいきたいと思っているところです。
 
リハビリ
2017-06-08
 一昨日の6月6日(火)は、朝一番のJR特急で松江に移動し、午前中、平成29年6月議会で行う予定の質問の準備を行いまいた。
 今回の質問は、間監査委員となっていたこの2年間質問を自粛していたため、本当に久しぶりであるとともに、現在任期中で初めての質問となりますが、今までの質問では、所属員会の所管部局長への質問は出来るだけ行わないよう心掛けていました。しかし、今回は、リハビリを兼ねての久しぶりの質問となることから、得意分野や益田圏域の喫緊の課題等を中心に質問を行いたいと思っていますので、所属する文教厚生委員会の所管部局である健康福祉部長に質問することをご容赦戴きたいと思っています。
 いずれにしても、どの質問も前向きな答弁が戴けるよう、これから最終の準備を行っていきたいと思っています。
 また、一昨日は、午後から、漁業協同組合JFしまね理事会、島根県JF共済推進本部推進委員会及び島根県漁業共済事業運営委員会に出席後、夕方のJR特急で再び益田に帰って来ました。
 昨日は、午前中、知人の葬儀に出席した後、午後からは、高津川漁協に移動し、溜まった書類に目を通し決済等を行い、車で津和野方面に高津川の状況を見て回りました。しかし、残念ながら昨日は風が強いため、アユ釣りをしていることは見かけませんでしたが、今年のアユの遡上状況はいいようですので、これからに期待したいと思っているところです。
 今日は、午前中、島根県退職公務員連盟益田支部の総会に出席し、午後からは、事務所において協議等を行う予定にしています。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25 中島謙二事務所
TEL.0856-23-0888
FAX.0856-23-0906
----------------------------

 

<<中島謙二事務所>> 〒698-0041 島根県益田市高津8-6-25 TEL:0856-23-0888 FAX:0856-23-0906