島根県議会議員 中島謙二のホームページへようこそ!|島根県|益田市|

 

ブログ

 

中島謙二の日記

中島謙二の日記
フォーム
 
教職員の人事権移譲
2017-09-15
 昨日の島根県議会は、本会議が開会され、午前中2名、午後から2名の計4名の議員が一般質問を行いました。。
 このうち、「教職員の人事権の移譲について、知事の所見を問う。」という質問に対し、知事は、「公立小中学校の人事権については、法律により、都道府県教育委員会が担うこととなっている。そのため、学級編成基準、教職員定数の決定、教職員の給与の支払い及び教職員に対する任命権は県が持つこととなる。また、人事権の移譲については、有能な教職員の安定的な確保や広域的に教育水準を確保する必要があるため、広域的な人事調整への配慮や小規模市町村の理解を得ることが前提となっている。従って、教職員の人事権移譲については、県内の市町村の意見を聞き、慎重に判断する必要があるものと考えている。」と回答していますが、松江市以外の市町村は、松江市への教職員の人事権移譲を反対している状況にあることから、出来るだけ早く教職員の人事権の松江市への移譲については、困難であることを明確にすべきではないかと思っています。
 また、昨日は、昼の議会休憩時間に、島根県議会私学振興議員懇話会の総会が開会され、島根県私学団体から状況報告・要望事項の説明の後、意見交換を行いました。
 その意見交換においては、主として、来年度の高校定員に関する事項が中心となっていましたが、これは、来年度の高校定員の議論の過程について、いかに私学側が納得していないかを如実に表しているものと考えられるため、来年度から行われる新ルールの話し合いにおいては、公私双方が充分議論を尽くしていけるよう、私としても努力していきたいと思っているところです。
 
代表質問
2017-09-14
 島根県議会平成29年9月定例会は、昨日、本会議が開会され、午前中、自民党議連、午後から、民主県民クラブの代表質問が行われました。
このうち、「新たな『財政運営の指針』の策定に向け、どのような姿勢・スタンス及び方向で臨むのか。」という質問に対し、知事は、「これまでの財政健全化の取組みにより、目標に達成し得る状況となったが、県の財政基盤は脆弱で、歳出面では弾力性に乏しく、さらに県債残高も高い水準にあることから、依然として県の財政は厳しい状況にあると考えている。また、国の地方財政に対する対策は不透明なことから、将来的に安定した収支均衡を図っていかなければならないと考えている。」と回答しています。
 また、「県として、国保の都道府県化について、どういったスタンスで臨むのか。」という質問に対し、知事は、「国保は、現在市町村単位で運営されているが、高齢化等に伴い運営が厳しくなっているため、来年度より県全体で、国から3,400億円の財政支援を受け対処することになっている。しかし、加入者の所得が低いことなどから、保険料の負担が高く、市町村によりばらつきがあるため、今後、医療費の適正化を図りながら、将来的に安定して維持していけるよう国に対し3,400億円の財政支援に加え更なる支援を求めていく。」と回答していますが、県県内の市町村によっては、国保の統合により保険料が高くなるケースがあるため、激変緩和措置等をとりながら、県内各市町村の負担金の平準化を図って戴きたいと思っているところです。
 今日の島根県議会は、昨日に引き続き本会議が開会され、4名の議員が一般質問を行う予定となっています。
 
体育祭
2017-09-10
 昨日は、午前9時半から行われた、母校の益田市立高津中学校の平成29年度体育祭に出席しました。
 昨日は、本当に素晴らしい秋晴れとなり、多くの保護者さん方も来場され、生徒の皆さんが行う競技等に声援を送るなど、大変盛大な体育祭になったように思っています。
 しかし、昨年までは、赤、青、黄組のそれぞれの陣地にアーチが作られていましたが、今年からは、安全面からなんでしょうか、布に描かれたそれぞれの絵がフェンスに張られていましたので、何だか寂しい感じを持つとともに、時代の流れをあらためて感じたところです。
 
 
 
所信表明
2017-09-07
 昨日は、午前9時20分から、島根県議会議会運営委員会が開会された後、午前10時から、第460回島根県議会(平成29年9月定例会、会期29日間:9月6日~10月4日)の初日となる本会議が開会され、会議録署名議員の指名、会期の決定、諸般の報告、決算特別委員会の設置及び委員の選任が行われ後、知事提出議案の上程及び提案理由の説明が行われました。
この提案理由の説明における知事の所信表明において、知事は最近の諸情勢に関連し、「北朝鮮の動向については、先月中旬、中距離弾道ミサイルのグアム島沖への発射が検討されているとの報道があり、県では関係近隣県と連携して、国に対し、住民の生命・財産を守り、安全・安心を確保するため、適切な対応をされるよう、要請を行った結果、地上配備迎撃ミサイル『PAC3』を中四国の4県に配備するなど、迅速な対応がなされている。その後も、北朝鮮は、先月29日のは北海道の上空を通過する弾道ミサイルを発射、そして今月3日には核実験を強行するなど、日本にとって深刻かつ重大な脅威となっている。国においては、引き続き、米国、韓国、中国及びロシアなどと連携を図り、国際社会と協調して、北朝鮮が不法な行為を行わないよう対応することを要望するとともに、県としても、国、市町村、消防などの関係機関と連携を進め、緊急時の安全確保に万全を期していきたい。」と述べていますが、北朝鮮の脅威が増す中、今後も適切かつ迅速な対応が行われるよう、島根県としても緊張感を持って取り組んで戴きたいと思っているところです。
 今日は、午前10時から、全員協議会が開会され、総務部長から昨日提案された知事提出議案(予算案15件、条例案4件、一般事件案8件の計28件)について、説明が行われる予定になっていますが、今日は全員協議会終了後、午後から益田に帰る予定にしています。
 
流鏑馬(やぶさめ)
2017-09-03
 9月1日(金)の午後5時から、「高津川河川敷内やぶさめ公園」において、毎年恒例の「流鏑馬(やぶさめ)」が行われました。 
 この流鏑馬が始まる前、雨が降り始め心配していましたが、始まりとともに雨も上がり、多くの皆さんが会場付近の堤防の土手等から見守る中、古式に則り雄壮な「流鏑馬」が行われました。 
 今年の射手は地元の二人の方が努められましたが、的に弓が命中する度に、会場から多くの拍手が送られていました。
 また、岡山大学馬術部の二人の女学生さんも参加され、弓を持たず流鏑馬の馬場を人馬一体となり、何度か駆け抜けておられましたが、お二人とも3年生だそうですので、来年は是非射手として参加して戴きたいと思っています。
 今日は、明日から開会される隠岐広域連合議会定例会に出席するため、隠岐に移動し、明後日松江に戻る予定にしています。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25 中島謙二事務所
TEL.0856-23-0888
FAX.0856-23-0906
----------------------------

 

<<中島謙二事務所>> 〒698-0041 島根県益田市高津8-6-25 TEL:0856-23-0888 FAX:0856-23-0906