島根県議会議員 中島謙二のホームページへようこそ!|島根県|益田市|

 

ブログ

 

中島謙二の日記

中島謙二の日記
フォーム
 
物権的請求権
2017-04-18
 先般から、私の自宅近くの山林で開発工事が行われていますが、その現場は砂の採取が行われたところであり、ほとんど赤土の土地であるため、漁業漁業協同組合JFしまね益田支所は、現場及び海岸近くの開発工事に伴う残土処理場から、赤土が含まれる大量の濁水が海に流れ込む恐れがあるため、漁業権者として開発工事について、他の残土処理場を除き同意を行っていません。
 そのため、排水についても当然ながら不同意としているため、個別に協議があるものと考えていましたが、昨日の雨により、心配していた通り多量の赤土を含む濁水が海に流れ込んで来ていることを夕方に確認しましたので、直ちに県に連絡し、開発業者への指導を強く要請したところ、ようやく業者が対策を取り始めましたが、朝からの雨により多量の濁水が海に流れ込んでいるにもかかわらず、現場の確認さえ行わず、こちらが指摘するまでなんら対策を取らなかったことについては、甚だ遺憾であり、怒りさえ感じています。
 そもそも漁業権は、漁業を営む権利であり、私権たる財産権であるとともに、物権とみなされています。この物権とみなされることにより、漁業権は土地所有等の民法上の物権と同じ扱いを受けることなります。
 そのため、漁業権の目的である漁業利益の実現が妨害され又は妨害されるおそれがある場合には、妨害者に対し妨害の排除、予防を請求する権利(物権的請求権)を持つことになります。
 この妨害排除・予防の請求権を持つことにより、漁業権を持つ海域に大量の濁水の流れることを未然に防ぐ等のため、我々漁業権者の同意が必要と考えていますが、開発業者は、「自分の土地に土を埋めるのに何で漁協の同意がいるのか?」などと言われるわけですから、開発業権は、漁業権が土地所有等の民法上の物権と同じ取り扱いを受けることを全く理解してないと、言わざるを得ないと思っているところです。
 今日は、午後から、萩・石見空港利用拡大協議会総会に出席し、夕方からは、支持者の皆さんとの意見交換会に出席する予定にしています。
 尚、写真は、昨日の濁水が海に流れ込む様子と、今朝の現場から西側にあるT突堤にまで濁水が流されている様子です。
 
異動挨拶
2017-04-14
 昨日は、午前10時から、島根県議会全員協議会が開会され、執行部職員及び議会事務局職員異動挨拶が行われた後、各常任員委員会が開会されました。
 私の所属する農水商工員会では、関係部局の執行部職員異動の挨拶が行われた後、商工労働部から企業立地認定の報告が行われました。
 その後、昼食をはさんで島根県議会自民党議員連盟の総会が行われ、議連会長の再任を承認され、今後のスケジュール等の説明が行われ後、これから2年間所属する常任委員会及び特別委員会の希望調査等が行われ、議連総会は終了しました.
 私としては、一部の議員から異論があると聞きましたが、今まで所属したことのない文教厚生委員会に希望を出しておきましたので、是非、実現して欲しいと思っています。
 また、昨日は、午後1時から、監査協議会に出席しましたが、監査委員としての実質的な活動は昨日で終了となりました。この2年間、既に定年退職された方もおられますが、監査委員会事務局の方々には、本当にお世話になりました。あらためて、御礼並びに感謝申し上げますとともに、今後、監査委員の経験をしっかりと活かしながら、議会活動を行っていきたいと思っているところです。
 今日は、午前中、高津川漁協に行き、午後からは、同級生の葬儀に出席した後、島根県浜田河川総合開発事務所の予算等の説明を受け、夕方には、支持者の皆さんとの意見交換会に出席する予定にしています。
 
入学式
2017-04-12
 昨日は、午前中、母校の益田市立高津小学校の入学式に出席しました。
 今年の高津小学校には、3クラスそれぞれ23名の計69名の新1年生が入学されましたが、新1年生の皆さんは、それぞれ真新しい制服に身を包み、まだまだ幼さが残る中にも目を輝かせていました。これから6年間、高津小学校において様々な体験をしながら成長してしていかれることを期待しています。
 また、昨日の午後からは、同じく母校の益田市立高津中学校の入学式に出席しました。
 この高津中学校には、3クラス32名、31名、31名の計94名の新入生が入学されましたが、これから、3年間において、将来の目標を定め、高校等への次のステップに向けて着実に歩んで戴きたいと思っています。
 今日は、午後から、議連の会議があるため、朝一番のJR特急で松江に出てきていますが、明日は、午前中、島根県議会全員協議会、午後から監査協議会に出席した後、夕方には益田に帰る予定にしています。
 尚、写真は、高津中学校の入学式の様子です。
 
高校入試制度
2017-04-10
 4月8日(土)は、午前9時半から行われた母校の「平成29年度島根県立益田高等学校入学式」に出席しました。
 今年の益田高校には、普通科140名(定員160名)、理数科36名(定員40名)の計176名が入学され、益田高校での新しい高校生活が始まることになりますが、新入生の皆さんには、これからの益田高校での3年間で将来への目標を定めるとともに、多くの友達との出会いや部活動等、良き思いを作って戴きたいと思っています。
 ところで、今年から島根県立高等学校の入試制度が変わり、今まで第2志望が認められていたものが廃止され、定員割れした高校の各学科が2次募集を行うという制度となりましたが、この新しい高校入試制度により、特に難関と言われている理数科において大きく定員割れするという結果となっています。
 今回のこの結果を見ると、チャレンジを望まない現代の中学生気質を表しているように感じるとともに、新しい入試制度は学力向上を図っていく上でも返って逆効果になるのではないかと思っています。そのため、今後、教育委員会におかれては、充分に今回の結果を分析し、県立高校入試のあり方を再度検討すべきではないかと思っているところです。
 
医師偏在対策
2017-04-07
 厚生労働省の有識者検討会は、昨日の4月6日(木)、医師が都市部に偏り、地方で不足する地域偏在対策などに関する報告書を公表し、医師確保について都道府県の権限を拡大し、各地域が主体的に取り組むための仕組み作りを国が進めるよう求めています。
 この中で医師の偏在については、不足地域に医師を強制的に配置すべきではないとし、全国一律の対策から地域主導への転換を促しているとのことなので、今後、どのように具体化されるか、非常に注目されるところですが、個人的には、現状の臨床研修制度を改正しない限り、多少の偏在の解消にはつながってくると考えられるものの、医師偏在の抜本的な解消にはつながっていかないのではないないかと危惧しています。
 いずれにしても、このような報告書が出されたことは、大きな意味があるため、今後、厚生労働省におかれては、報告書の趣旨を充分に踏まえながら、しっかりとした対策を講じて戴きたいと思っているところです。

島根県議会議員 中島謙二
〒698-0041
島根県益田市高津8-6-25 中島謙二事務所
TEL.0856-23-0888
FAX.0856-23-0906
----------------------------

 

<<中島謙二事務所>> 〒698-0041 島根県益田市高津8-6-25 TEL:0856-23-0888 FAX:0856-23-0906